わたブログ - WataRidley's Blog -

コミュ障の鳥類が贈る雑記ブログ。

短期間で合格!CBT方式 基本情報技術者試験

スポンサーリンク

f:id:Wata_Ridley:20220321185131j:plain

 

2021年11月、CBT方式『基本情報技術者試験』を受験してきた。ITエンジニアの登竜門的資格で、就活生・転職志望者の間で人気を集めている。

 

自分はつい最近 IT業界に転職したばかりの新人で、プログラミング経験も少ない。だが、仕事の合間に独学を進めて…約2ヶ月間 (2021年9月~10月) の勉強で合格できた意外と何とかなるものである。

 

今回の記事では、備忘も兼ねて『基本情報 (CBT方式)』の試験概要・受験の流れ、自分が実際にやった勉強方法をご紹介したい。効率よく勉強すれば、短期間での合格も十分狙える。これから受験する人の参考になれば嬉しい。

 

【※注意※】この記事内容は、2022年04月時点の情報です。今後 変更が加わる可能性があります。

 

基本情報技術者試験とは?

『基本情報技術者』は、ITエンジニアに必要な基礎知識・技能を持つことを保証する技術者資格だ。IPA (情報処理推進機構) が試験を主催している。

 

プログラマー・SE等の技術職に従事する人や、これからIT業界への就職を目指す人が対象の試験で、IT技術の基礎知識・論理的思考・プログラミングスキル等が問われる。

 

ITエンジニアとしてキャリアをスタートするには、まず基本情報技術者試験から受験することをお勧めします。しっかりとした基礎を身に付けることにより、その後の応用力の幅が格段に広がります。

 

引用:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:基本情報技術者試験

 

IT業界は技術革新がめまぐるしく、様々なベンダー資格で溢れかえっていて、就活にあたってどの資格を取るべきかで悩むが…『基本情報』を取っておけば間違いない。経済産業省認定の国家試験で信頼性が高く、多くのIT企業が取得を奨励している。

 

なお、よく似た資格試験に『ITパスポート (iパス)がある。

 

こちらも有名な国家試験で、ネット上では「IT業界を目指す人は、まず ITパスポート合格を目指しましょう!」といった文句が散見される。

 

f:id:Wata_Ridley:20220321230859p:plain

画像引用:【ITパスポート試験】情報処理推進機構 - IPA

 

だが…正直『ITパスポート』を取得する必要は無い

 

何故かというと、就活で役にも立たないからだ。合格率50%の超カンタンな試験で、一般常識レベルの問題が多く、数週間の勉強で合格できる。

 

かくいう自分も『ITパスポート』を取得済みだが、この資格が役に立った経験は一度も無い。その簡単さ故に、採用担当に全く見向きもされないのだ。取るだけ無駄と言われる所以である。うま味が少ない。

 

一方『基本情報』は、『ITパスポート』より信頼性が高い資格で、就活でも有利に働くことが多い新卒生・業界未経験者が持っていれば一目置かれるハズ。

 

『ITパスポート』を "レベル1" とすれば、『基本情報』は "レベル2" 相当の難易度。プログラミングに関する実践的知識が必要で、未経験者から見れば確かに難しい。平均合格率も例年20〜30%と厳しめだ。

 

だが気にすることはない。たとえ未経験者でも、入念な対策を取れば一発合格は可能だ。小学生が合格した事例もあるぐらいだし。試験の出題分野も被っているので、特に理由が無ければ、まず最初に『基本情報』の勉強に励むことをオススメしたい

 

スポンサーリンク
 

新制度『CBT方式』について

基本情報技術者試験は、令和2年度秋試験 (2020年秋) から「CBT (Computer Based Testing) 方式」が採用されている。パソコンを使った受験方式で、受験者は画面に表示された問題に対し、マウス・キーボードを操作して解答していく。

 

ただ、PCを使う = 自宅で受験する!という訳ではない。日本全国にあるテストセンターに出向き、会場に置かれた専用PCで問題を解くのだ。紙のテストがPC画面に置き換わっただけ。

 

年2回(上期、下期)の一定期間、CBT方式により試験を実施します。
CBT方式は、試験会場に設置されたコンピュータを使用して実施する試験です。
受験申込み時に、ご自身で、試験日時、試験会場を選択していただきます。

 

引用:IPA 独立行政法人 基本情報技術者試験(CBT方式)

 

従来の基本情報は、特定の日時・会場に大勢の受験者が集まり、テスト用紙を配られてから一斉に受験開始!という、お馴染みの「ペーパー方式」が採用されていた。

 

だが、2020年に入って世界各地で新型コロナウィルスが蔓延。日本国内でも感染者増加の報告が相次ぎ、緊急事態宣言・ロックダウンの影響を受け…2020年春に予定されていた基本情報試験は中止されたのだった。

 

xtech.nikkei.com

 

その後、IPAが色々と対策を練った結果…パソコンで問題を解く「CBT方式」への転換が行われた。CBT方式は受験者が好きな日時でテストを受けられるので、大勢の受験者が一箇所に集まる事態を防ぎ、感染リスクを抑えられる…という理屈らしい。なるほどね。

 

2022年に入ったものの、依然としてコロナが収束する気配は無い。このため…今後の基本情報は、パソコンで問題を解く「CBT方式」での受験がスタンダードになる。これから受験する人は留意しておこう。今回の記事では、CBT方式での受験を想定した解説を行いたい。

 

スポンサーリンク
 

試験概要

CBT方式『基本情報』の試験概要については、IPA公式の試験要綱CBT試験実施概要 に記述がある。ただ…情報が取っ散らかっていて分かりづらいので、重要な項目だけを抜粋・整理してみた。

 

試験名 基本情報技術者
申込期間 [上期]:3月~5月
[下期]:9月~11月
試験実施期間 [上期]:4月~5月
[下期]:10月~11月
試験会場 テストセンター (会場検索)
受験料 7,500円 (税込)

 

CBT方式『基本情報』は年2回開催されていて、それぞれの区分を「上期 (4~5月開催)」「下期 (10~11月開催)としている。

 

※元々は「春期」「秋期」と呼ばれていたのだが、CBT移行にあたって改名された…という経緯がある。

 

受験申し込みはネット予約サイトで行う。受験者が申請した希望日・試験会場でテストを受けることが可能だ。この辺の詳細は後述する。受験料は7,500円 (税込) と、まぁまぁなお値段。

 

『基本情報』は [午前試験] / [午後試験] の2つの試験があり、それぞれ異なる形式の問題が出される。詳細は以下の通り。

 

※ なお [午前試験] / [午後試験] という名称は、かつて『基本情報』が丸一日かけて試験を行い、午前・午後に分けてテストを実施していたことに由来する。CBT方式の場合、[午前] / [午後] を別々の日程で予約することも可能だ。

 

  午前試験 午後試験
試験時間 150分 150分
出題形式 マーク選択式 (4択) マーク選択式
問題数 小問:80問 大問:5問
(選択問題あり)
合格ライン 60%以上 (目安) 60%以上 (目安)

 

[午前試験] は1問1答の小問形式で、比較的簡単な試験。[午後試験] は全5問の大問から成る長文形式の応用問題で、比較的難易度が高い。試験時間はどちらも150分

 

100点満点の採点方式で、合格ラインは60%以上とされている。[午前] と [午後] の合算ではなく、それぞれの試験で60%以上得点する必要がある

 

午前試験
  分野 配点
問1~50 テクノロジ系 1.25点 × 80
問51~60 マネジメント系
問61~80 ストラテジ系

 

午後試験
  分野 必須/選択 配点
問1 情報セキュリティ 必須 20点
問2~5 選択問題 2問選択 15点×2
問6 データ構造/アルゴリズム 必須 25点
問7~11 ソフトウェア開発 1問選択 25点

 

出題分野・配点は上記の通り。 [午前試験] は全80問の小問で構成され、配点は1問につき1.25点。

 

対する [午後試験] は、大問によって微妙に配点が異なる。最近の新制度で配点が変わり、問6~11の「アルゴリズム」「ソフトウェア開発」の比重が大きくなっているのが特徴だ。合格ラインを突破するには、配点を意識した試験対策が必須となる。

 

スポンサーリンク
 

受験の流れ

本稿では、CBT方式『基本情報』の受験の流れを紹介する。

受験の申し込み

CBT方式『基本情報』は、日本各地にあるテストセンターで、専用のパソコンを使って受験する。プロメトリック公式サイトでネット予約が可能だ。

 

 

ページに書かれた「試験予約手順」に沿って操作すれば問題無い。スマホ向けサイトではないので、PCブラウザから予約すべしスマホだと処理が失敗することがあるらしい(恐怖)

 

上期/下期の希望日にテストを受けられるのだが…他のITベンダー試験とは異なり、申込期間が決まっているので注意。受験者数が多く、早めに行動しないと予約が取れない。試験実施概要に書かれたスケジュールを熟読しておこう。

 

支払い方法は、コンビニ・Pay-easy払い/クレジットカード決済から選択できる。コンビニ払いの場合、振込期限までに支払いを完了しないと、予約が自動的にキャンセルされてしまう。注意しよう。

 

予約が完了すると、登録したメアド宛に確認メールが届く。同時に「確認書」という受験票のようなものが発行され、ユーザーページから閲覧できる。試験概要・会場案内等が載っているので、印刷して会場に持って行こう。

 

※確認書が無くても受験は可能らしいが…あった方がスムーズに手続きが終わるので、印刷・持参するのが無難だと思う。

 

スポンサーリンク
 

試験当日

試験当日は時間に余裕を持って会場に向かおう。集合時刻 (試験開始15分前) に遅れると受験できなくなるので注意。Google Map等で場所を確認しておくと安心だ。

 

必要な持ち物は、身分証明書 (顔写真付き) 1点プロメトリック公式ヘルプページをよく読み、忘れず持参しよう。受付到着時に本人確認が行われる。印刷した確認書を持って行くと手続きがスムーズに進むのでオススメ。

 

試験会場には個人用ロッカーがあり、スマホ・貴重品を預けることになる。参考書も没収されるので、一度会場に入ったら勉強はできない!と考えた方が良い。

 

開始時刻になると受験者が集められ、監督役の案内でPC席に移動。パソコンを操作して受験開始だ。

 

CBT試験は、紙のテストとは違った特有のテクニックが要求される。この辺の詳細は、以下の記事が詳しいので読んで欲しい。

 

www.seplus.jp

 

個人の感想としては、CBT方式だと [午後試験] がメチャクチャ解きづらかった。ある程度の慣れが必要になると思うので、事前にしっかり対策しよう。あと、選択問題のチェック忘れをしないよう注意。

 

マウスの右クリックで取り消し線が引けたり、テキストの範囲選択で黄色のハイライト表示ができたりと、色々な操作テクニックがある。積極的に活用しよう。

 

※なお、CBT方式試験の操作は『過去問道場』というWebサイトで練習できる。詳細は後述する。

 

スポンサーリンク
 

試験終了後の合否確認

テスト終了後は、メモ用紙を返却して速やかに退出。会場内・ロッカーに忘れ物が無いよう注意しよう。

 

CBT方式の場合、[午前試験] / [午後試験] ともに、テスト終了後すぐに「スコアレポート」を確認できる。従来のペーパー方式には無かったメリットだ。受験申し込みで登録したメアド宛に案内メールが届くので、そこからレポートに飛ぼう。

 

f:id:Wata_Ridley:20220321222904p:plain

CBT方式は受験後すぐに「スコアレポート」が見られる

 

レポートはこんな感じ。自分の正答率がパーセント表示されるので、この段階で大まかな合否判断ができる。65%以上であれば合格可能性大!とみて良いだろう。

 

※ただ、年度によって合格ラインが変動するので…スコアレポートだけ見て安心しない方が良い

 

正式な合格発表は、[午後試験] を受けてから約1〜2ヶ月後。ネット上で受験番号一覧が公開され、自分の合否を確認できる。IPA公式サイトでスケジュールを確認しよう。

 

f:id:Wata_Ridley:20220323100307p:plain

資格認定証が送付される

 

合格者には後日 (発表から約2〜4週間後)資格認定証が郵送される。結構ちゃんとした証書で嬉しい。これで晴れて履歴書に「基本情報技術者試験 合格」と書けるぞ。ヤッタネ!

 

スポンサーリンク
 

CBT方式『基本情報』勉強方法

ここからは、CBT方式『基本情報』の具体的な対策・勉強方法について解説する。

 

自分は約2ヶ月間の勉強で合格したが…割と突貫ギリギリだったので、これから受験する人は時間に余裕を持った方が良いと思う。IT未経験者であれば、3〜4ヶ月の勉強期間を設けた方が確実だ。以下、自分が実際に取った対策をご紹介したい。

 

過去問を解きまくる!

『基本情報』合格の近道は超シンプル。それは…とにかく過去問を解きまくることだ。コレは [午前] / [午後試験] どちらにも共通して言える。

 

理由は単純明快で、過去問と全く同じ問題、よく似た出題パターンが多く使われるからだ。特に [午前試験] は、過去問の使い回しがメチャクチャ多い。

 

具体例を挙げよう。令和元年秋期の [午前試験] では、全80問中47問が既出の問題だった。50~60%が過去問の使い回しということになる。詳細はこちらの統計情報を見て欲しい。

 

画像引用:統計情報 | 基本情報技術者試験.com

 

[午前試験] の合格ラインは60%以上。つまり…既出の問題をしっかり抑えられれば、ほぼ確実に合格圏に到達できるのだ。

 

長文メインの [午後試験] では、流石に既出問題の使い回しは少ない。だが…過去問とよく似た出題パターンが頻繁に使われているので、こちらも過去問演習は重要になる。

 

結論を言うと、早い段階で過去問演習に取り掛かり、既出の問題・出題パターンをどれだけ暗記できるかが合格のカギになる。短期決戦を狙う人は、この戦略方針を強く意識して欲しい。

 

スポンサーリンク
 

[午前試験] 対策

『キタミ式』で基礎を叩き込む!

[午前試験] の過去問を解く前に、まずは試験で問われる前提知識をインプットする。『キタミ式イラストIT塾 基本情報』という参考書がオススメだ。

 

頻出範囲をザックリ網羅していて、全体感を掴むのに最適な一冊。豊富なイラスト・分かりやすい解説で、IT知識ゼロの人間でも難なく理解できる。

 

 

1つ注意すべき点は『キタミ式』を読むだけでは絶対合格できない!ということ。

 

ターゲットを頻出問題だけに絞り、分かりやすさ優先で説明を超簡略化しているので、実際の試験問題とのギャップが大きいのだ。合格を目指すなら、過去問演習に比重を置くべし

 

あくまで知識インプット用の本なので、1〜2周読めば十分。ザっと読み終えたら、急いで過去問演習に移ろう。

 

スポンサーリンク
 

『過去問道場』で問題演習!

『キタミ式』を読んでザックリ知識を付けたら、過去問をひたすら解きまくろう

 

問題演習で超オススメなのが『基本情報技術者試験.com 過去問道場』というWebサイト。

 

過去数十回分の試験問題を無料で解くことが可能だ。解説が非常に丁寧だし、これだけで過去問演習を完璧にこなせる。問題集を買う必要が無い。

 

www.fe-siken.com

 

出題モードが充実していて、年度/分野別で問題を絞る、間違えた苦手分野だけを反復練習する…そんな使い方もできる。ユーザー登録 (無料) すれば、過去の学習履歴の保存も可能だ。メリットを挙げればキリが無い。

 

画像引用:基本情報技術者ドットコム 過去問道場

 

そして最大のメリットは…スマホ版『過去問道場』を使えば、電車通勤・通学などのスキマ時間にも勉強できることだ。

 

[午前試験] は1問1答形式なので、クイズ感覚で問題を解くことが可能だ。ソシャゲ周回の要領で、習慣的に無理なく勉強を続けられる。試してみて損は無い。

 

スマホで過去問を解ける!しかも無料!

 

自分は以下の戦略で [午前試験] 対策を進めた。継続期間は1ヶ月くらい。あんまり真面目にやってない。

 

[午前試験] 対策

 

  • 平日の通勤時間に、スマホで問題練習 (10~20問/日)
  • 週末に時間を取り、本番形式の過去問演習 (制限時間150分・全80問)

 

過去問には『キタミ式』に載ってない用語が大量に出るので、最初はスコアが低くて辛いと思う。だが…心配無用。毎回似たような問題が出るので、数をこなせば段々とパターンを覚えられ、自然と得点率が向上していくハズだ。めげずに頑張ろう。

 

間違えた箇所があったら『過去問道場』の解説をしっかり読み、苦手分野を潰そう。『キタミ式』を適宜読み返したり、追加で『基本情報合格教本』などの参考書を読むと、理解が深まること間違い無し。

 

角谷一成+イエローテールコンピュータ

 

安定して合格ライン (60~70%以上) を越えられるようになれば、[午前試験] はバッチリ。自信がつくまで『過去問道場』の反復練習を続けよう。個人差はあるが、過去10回分くらいの量を解けば安心だ。

 

スポンサーリンク
 

[午後試験] 対策

『過去問道場』で問題演習!

[午後試験] に関しても、過去問演習をどれだけやったかが合否を分ける。難易度が高く対策に時間がかかると思うので、なるべく早めに着手しよう

 

[午前試験] と同じく、問題演習には『過去問道場』が超オススメ。過去数十回分の試験問題を無料で解くことができる

 

『過去問道場』には、もう1つ嬉しいポイントがある。PC版サイトを開くと、実際のCBT試験っぽい画面UIになるのだ。

 

実際のCBT試験に寄せた画面UI

 

問題文・解答欄の分割表示、残り時間のタイマー表示、マウスでテキスト選択すると黄色にハイライトされる仕様などは、実際のCBT試験とほぼ同じ。限りなく本番に近い環境での問題演習が可能となっている。

 

このため [午後試験] に関しては、実際のCBT試験の雰囲気・要領を掴む為にも、スマホではなくPC版サイトでの演習を強く推奨するスマホ版だと表示が見辛い。

 

自分がやった [午後試験] の勉強は以下の通り。

 

[午後試験] 対策

 

 

[午前試験] 対策と並行で進めて、過去5年分くらいの問題量を解いた。継続期間は1~2ヶ月くらい。結構ギリギリだったので、これから学習する人はもう少し余裕を持たせた方が良いと思う。

 

スポンサーリンク
 

大問別の学習戦略

[午後試験] には、選択問題も含めて合計5つの大問があり、それぞれ個別の対策が必要になってくる。以下、自分が実際に行った対策を記しておきたい。

 

問1 情報セキュリティ

問1は必須解答の大問。SSH・VPN・鍵認証・リスク管理など、情報セキュリティの基礎知識が問われる。最近はテレワーク系の話題も多い。

 

この大問に関しては、過去問演習だけで十分対応可能。クイズ形式のやさしい単語問題も多いので、得点源にしやすい。凡ミスにだけ注意しよう。

 

問2~5 選択問題

問2~5は選択問題。大きく分けて[技術系]・[経営系]の2種類が用意されていて、各ジャンルで1問ずつ選択・解答する。過去問を眺めてみて、自分が得意な分野を選ぶと良い。

 

[技術系] 分野は、次の分野から1問 選択する。

 

技術系

 

  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • データベース
  • ネットワーク
  • ソフトウェア設計

 

個人的に超オススメなのが「データベース」だ。

 

ほぼ毎年出題されている頻出分野で、毎回似たような構成で出題されるため、対策がしやすい。学習コストが高いものの、慣れれば安定してスコアを稼ぐことができる*1

 

さらにデータベース・SQLの知識は、サーバーサイド/インフラエンジニアには必須レベルの知識で、実務でも役立つ場面が多い。後々のことを考えると、勉強しておいて全然損は無い。

 

データベースの勉強にオススメなのが『スッキリ分かるSQL入門』という参考書。この本を1~2周読んで基礎を身につけ、過去問演習を5回分くらい行えば、確実にスコアを稼げるようになるハズ。

 

 

逆にオススメできない分野は「ネットワーク」である。

 

IT業界で働く上で重要な知識には違いないが、未経験者にとっては難解でハードルが高い。異常に難しい年度もあったので、最初から捨てておくのが無難と考える。

 


続いて [経営系] 分野。次の分野から1問 選択する。

 

経営系

 

  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
  • システム戦略
  • 経営戦略・企業と法務

 

[経営系] については、分野を意識する必要は無い。どれも ほぼ "国語の文章問題" なので、過去問演習を一通りやっておけば、それで十分対応できるハズだ。

 

本番の試験では、スタートと同時に大問をザッと眺めて、文章が簡単で解きやすそうなものを選ぶと良いだろう。自分にとって最適な戦略を立てて欲しい。

 

スポンサーリンク
 

問6 データ構造/アルゴリズム

IT未経験者の難関その1。アルゴリズム。

 

試験オリジナルの疑似プログラミング言語を使い、お題に沿った正しいロジックを組むことになる。配点が25点と結構重たいので、避けては通れない。

 

アルゴリズムに関しては…とにかく過去問演習を繰り返して、慣れるしかない

 

まず、以下の『基本情報技術者試験受験ナビ』に掲載された「基本的なアルゴリズム・データ構造」「疑似言語の記述形式」を覚えよう。何となくで大丈夫。

 

www.seplus.jp

 

あとは『過去問道場』の分野別演習で、アルゴリズムの問題をひたすら解きまくる

 

最初はボロボロの点数かもしれないが、挫けてはいけない。問題文の日本語をしっかり読んで理解する、間違えた箇所の解説を読んで次に備える…この地道な試行錯誤が重要になる。苦手な人は、なるべく多めに時間を割いた方が良い

 

ゴールの設定も大事。アルゴリズムが苦手な人であれば、少なくとも5~6割。安定を目指すなら7割以上の得点を目指したい。しっかりと戦略を練ろう。

 

※ちなみに、アルゴリズムの疑似言語は C/Java/Python等と文法が似ているので、これらの言語を勉強してる人は有利になる。同時並行的に学習を進めるのがオススメだ。

 

スポンサーリンク
 

問7~11 ソフトウェア開発

IT未経験者の難関その2。ソフトウェア開発。

 

プログラミング言語を使った実践的問題で、開発業務に則した様々な知識が問われる。配点が25点と重たいので、コチラも無視できない。

 

この大問では、次の言語から1つを選択して解答する。学習経験のある言語を選ぶと良いだろう。

 

選択可能な言語

 

  • C
  • Java
  • Python
  • アセンブラ言語
  • 表計算

 

プログラミング未経験者には「表計算」がオススメ覚えることが少なく、マクロの問題以外は比較的簡単なので、初学者でも取っつきやすい。

 

まず最初に『基本情報技術者 表計算 とっておきの解法』を読んで、表計算の基礎知識・出題パターンを覚える。その後『過去問道場』で演習を繰り返し行えば、十分な実力を付けられるハズだ。

 

 

次に簡単なのが「Python」である。令和2年度試験から追加された新言語。文法がそこまで難しくないので、プログラミング初心者でも比較的勉強しやすい。

 

唯一の問題は…過去問ストックが少なく試験対策が難しいことだろう。他の言語と違って合格実績・学習ノウハウが蓄積されておらず、どんな問題が出るのか予想しづらいのだ。今後の動向に期待したいところ。

 

※ちなみに『Python3エンジニア認定基礎試験』の勉強記事を書いているので、気になる人は参考にして欲しい。Pythonの基本を学ぶのにピッタリな試験だ。

 

www.wata-ridley.com

 

かくいう自分は「Java」を選択した。というのも…基本情報を受ける前に、既にJavaの勉強をしていたからだ。『Java Silver』資格も取得済みで、自信があったのである。

 

www.wata-ridley.com

 

 [午後試験] のJava問題については、Javaの基礎知識・文章読解力があれば十分対応可能だった。自分は『スッキリ分かるJava入門』を読んで基礎を復習した後、過去5年分の問題演習を行い、本番に臨んだ。

 

一般に学習難易度が高い!と言われるJavaだが、実際の開発業務で役立つなど、応用が利くので勉強して損は無い。前述の「アルゴリズム」と似通った部分もあるので、個人的にオススメの言語である。好みで選択しよう。

 

スポンサーリンク
 

最後に

以上、自分の経験に基づいた、CBT方式『基本情報技術者試験』対策・勉強方法まとめ記事でした。結構ギリギリな勉強スケジュールだったが、何とか合格できたので良かったです(しみじみ)

 

念願の『基本情報』合格は果たしたので、次はまた別の資格試験を目標に、勉強をしようかな~と考えている。Pythonとか、AWSとかの勉強をしたいね。何か進捗があったら、当ブログで共有したいと思います。

 

*1:ただし、過去に「データベース」の出題が無い年度もあったので注意して欲しい。別の分野でも得点できるよう対策しておくと安心だ。