わたブログ - WataRidley's Blog -

コミュ障の鳥類が贈る雑記ブログ。

Switch (携帯モード) とJoy-Conの接続が切れる事象の対処法

スポンサーリンク

f:id:Wata_Ridley:20201012153024p:plain

 

Nintendo Switchは、様々なプレイモードでゲームが楽しめる。中でも自分が重宝しているのが「携帯モード」だ。

 

Switch本体にJoy-Conを取り付けて、携帯ゲーム機のように持ち運び、場所を選ばずゲームが楽しめる。ベッドに寝転がってプレイすることも可能で、メチャクチャ快適。他のゲームハードには無い、Switchならではの魅力と言えるだろう。

 

しかし、最近になって困った事件が起きた。携帯モードで遊んでいると、本体に取り付けたJoy-Conの無線通信が途切れ、ゲームが操作不能になる!…という現象が、自分のSwitchで多発するようになったのだ。

 

最初は気にならない程度だったが、次第にエスカレート。ゲームプレイに支障を来すほど、頻繁に通信が途切れるようになってしまったのだ。アクションゲームとか遊んでいたら、目も当てられない。ゲーマーにとって、地味ながらも重大な死活問題だった。

 

任天堂に修理依頼するのがイヤだった自分は、色々と試行錯誤を繰り返し、何とか自己解決することができた今回の記事では備忘録も兼ねて、自分が実際に試した、具体的な対処法をご紹介したい

 

Switch携帯モードとJoy-Conの無線通信が切れる!

まず、自分が直面した「Switch携帯モードの操作が効かなくなる」現象の詳細について、ザックリと説明したい。

 

この現象は、自分が『あつまれ どうぶつの森』を遊んでいた時に初めて発生した。島の改装工事をせっせと行っていると、突然コントローラーが効かなくなり、自キャラが操作不能になってしまったのだ。

 

f:id:Wata_Ridley:20201012140224j:plain

Joy-Conが認識されていない…?

 

Joy-Conのボタンをいくら押しても、全然反応しない。終いには「使いたいコントローラーのボタンを押してください」とかいう表示が出てくる始末。しっかりと本体に挿し込んだにも関わらず、Switch本体側でJoy-Conが正しく認識されていないらしい。

 

このとき、Switchのホーム画面を確認すると (ホームボタンは押せた)左側のJoy-Con (L) の無線通信に失敗していることが分かった。通常であれば、下のスクショ画像のような「携帯モード」アイコンが表示されるのだが…

 

f:id:Wata_Ridley:20201007161344j:plain

正常な携帯モードでは、両方のJoy-Conが認識される

 

自分のホーム画面では、下のスクショ画像のように、左側だけ未接続の状態になっていた。左のJoy-Con (L) が薄い色で表示され、正しく認識されていないJoy-Conは両方とも、本体に取り付けているのだが…。

 

f:id:Wata_Ridley:20201007161414j:plain

片方のJoy-Conが認識されていない!

 

つまり、Switch本体側では「片方のJoy-Conだけが挿さった状態」として認識されていたのだ。「携帯モード」と「テーブルモード」の、どちらのプレイモードなのか判別がつかないため、フェイルセーフ的設計によりJoy-Conが操作不能になったのだろう。

 

f:id:Wata_Ridley:20201014102153p:plain

イメージ図 (実際は両方のJoy-Conを装着している)

 

ネットで検索してみると、自分と同じような現象に悩まされている人の事例が、少なからず確認できた。自分とは違い、右側のJoy-Con (R) が認識されないケースもあるらしい。困ったものである。

 

こうしたネット上の情報を頼りに、自分が実際に試してみた対処法について、簡単なモノから順番に説明していこう。

 

スポンサーリンク
 

システム側での対処法

基本的な対処法

「Switch本体に取り付けたJoy-Conが認識されない」問題については、任天堂の公式FAQでも取り上げられている。まずは、この手順を確認すべし。

 

support.nintendo.co.jp

 

上記FAQでは「Joy-Conをしっかり挿し込む」「シンクロボタンを押して再接続」するなど、基本的な対処法が紹介されている。気軽にできるので、レッツトライ。

 

また、Switch本体を再起動すると、Joy-Conの接続が改善するケースがある。こちらも簡単に試せるので、やってみる価値はある。

 

スポンサーリンク
 

 Joy-Conの接続状態を見直す

Joy-Conは、Bluetoothの無線通信でSwitch本体と接続している。そのため、電波を発信する機器が付近にあると、電波干渉でJoy-Conの接続が不安定になる恐れがある。携帯モードのSwitchでも、コレは同じだ。

 

任天堂公式FAQは、非推奨な環境・製品について、次のように説明している。

 

  • 電波干渉を引き起こすような機器(電子レンジ、コードレス電話など)が周囲にある場合は、それらの機器の電源を一時的にOFFにするか、場所を変えてお試しください。
  • 本体を金属製のラック内に設置している場合は、ラックの外に出して改善するかお試しください。
  • 本体やコントローラーに、ライセンス商品ではないカバーなどを取り付けられている場合は、取り外して改善するかお試しください。

 

引用:【Switch】無線で接続しているコントローラーが使えません。

 

上記以外にも、PCやタブレット端末、Bluetoothを使用したワイヤレス機器なども、Switch本体から遠ざけた方がイイ。電波干渉を受けない、オープンな場所を選ぼう。

 

スポンサーリンク
 

Switch本体のシステムを更新する

Switch本体のシステムバージョンが古いせいで、Joy-Conの接続に失敗するケースがあるという。以下の手順で、本体のバージョンを確認・更新しよう。

 

 ①「本体の更新」を選択

f:id:Wata_Ridley:20201008120821j:plain

「本体の更新」を実行

 

Switchをインターネットに接続して「設定」>「本体」>「本体の更新」と選択。

 

 

②システム更新の実行・確認

f:id:Wata_Ridley:20201008120847j:plain

最新バージョンに更新されればOK

 

ネット経由で、最新バージョンがダウンロードされる。なお、既にDL済みの場合は「本体のバージョンは最新です」という表示が出る。最新版であればOK

 

 

なお、インターネットに常時接続していれば、Switch本体のシステムは、自動的に最新バージョンに更新される場合が多い。大抵の人は、既に最新バージョンになっているハズ。

 

スポンサーリンク
 

コントローラーのシステムを更新する

実はSwitch本体だけでなく、コントローラー側にもシステムが組み込まれていて、不定期でバージョン更新がなされている。そのため、コントローラー側のシステムが古いせいで、Switch本体との通信接続に失敗するケースもあるらしい。

 

携帯モードで遊ぶ場合、本体に取り付けるJoy-Conのシステムを手動更新する必要がある。以下の手順でバージョンを確認・更新しよう。

 

①Joy-Conを本体に接続する

 

 

コントローラーは、Switch本体に接続したモノしか更新できない。Joy-Conを無線接続するか、本体に取り付けて「携帯モード」にして、操作を進める。

 

 

 

②「コントローラーの更新」を選択

f:id:Wata_Ridley:20201008120956j:plain

「コントローラーの更新」を実行

 

Switchをインターネットに接続して「設定」>「コントローラーとセンサー」>「コントローラーの更新」と選択。

 

 

③システム更新の実行・確認

f:id:Wata_Ridley:20201008121029j:plain

最新バージョンに更新すればOK

 

ネット経由で最新バージョンがダウンロードされる。なお、既にDL済みの場合は「コントローラーは最新です」という表示が出る。こちらも、最新版なら問題ない

 

 

スポンサーリンク
 

「コントローラーとの通信を切る」を試す

家庭内で複数のコントローラーを所持していると、他のコントローラーが干渉して、携帯モードのJoy-Con接続が失敗する場合がある。本体に登録済みの、別のコントローラーが通信に割り込んでくるのだ。

 

こうした場合、登録済みのコントローラーを全て解除して、本体に取り付けたJoy-Conだけを認識させることで、携帯モードの接続が改善する可能性がある。以下の手順を試そう。

 

①Switch本体にJoy-Conを取り付けて「携帯モード」にする

f:id:Wata_Ridley:20201012153024p:plain

Switchを「携帯モード」で操作する

 

Switch本体が「TVモード (ドックに挿し込まれた状態)」だと、解除が実行できない。本体をドックから取り外し、Joy-Conを取り付けた「携帯モード」にして操作を進める

 

 

②「コントローラーとの通信を切る」を選択

f:id:Wata_Ridley:20201007161247j:plain

「コントローラーとの通信を切る」を選択

 

「設定」>「コントローラーとセンサー」>「コントローラーとの通信を切る」と選択。画面をスクロールした、一番下の方にある項目だ。

 

 

③Xボタンを長押しして、他のコントローラーの登録を解除

f:id:Wata_Ridley:20201007161154j:plain

この画面でXボタンを長押しする

 

「コントローラーとの通信を切る」画面になったら、本体に取り付けたJoy-Conの「Xボタン」を長押しする。

 

f:id:Wata_Ridley:20201007165438j:plain

他のコントローラーの解除が完了

 

この画面になれば、操作は完了。これでSwitch本体に取り付けたJoy-Conを除く、すべてのコントローラーが解除された。電波干渉の問題は、コレで解消されるハズ。

 

 

なお、この操作で解除したコントローラーをまた使いたい場合は、登録からやり直す必要がある。この手順については、以下の任天堂公式FAQが詳しい。

 

support.nintendo.co.jp

 

以上が、システム側での対処法になる。簡単に試せる手順が多いものの、自分のSwitchでは、どれも大した効果は無かった。こうなると、ハードウェア側に問題があると見るべきだろう。

 

スポンサーリンク
 

ハードウェア側での対処法

接続端子を掃除してゴミを取り除く 

Switch本体の側面には、Joy-Conを差し込むためのレールがあり、その一番下に接続端子がある。この接続端子にホコリや髪の毛などが入り込み、接触不良でJoy-Conが正しく認識されないケースも多いらしい。

 

f:id:Wata_Ridley:20201014104352p:plain

接続端子を掃除するとイイらしい

 

つまり、接続端子を掃除することで、Joy-Conの接続が改善される可能性がある

 

こうした入り組んだ細部の掃除には「エアダスター」が適している。接続端子にエアダスターを吹きつけ、小さなゴミを吹き飛ばすのだ。ホームセンターやネット通販などで、簡単に購入できる。

 

 

他にも、接続端子にスプレータイプの「接点復活剤」を吹きつけると良くなった!という事例がある。一理あるとは思うのだが、個人的にはあまりオススメしない

 

接点復活剤は、金属の表面にあるサビ・油汚れなどを取り除き、電子機器の接触不良を改善する効果がある。つまり、電子部品の接点にある汚れを "溶かす" 洗浄剤だ。こんなヤツ。

 

 

Switch接続端子の周囲には、プラスチック製の部品なども組み込まれている。接点復活剤の含有成分が強すぎる場合、無関係な部品まで侵してしまう危険性がある。溶ける!とまでいかなくとも、パーツが劣化して破損の原因に繋がる…かもしれない。

 

勿論、油汚れ・サビが原因で接触不良が起きている場合は、接点復活剤が有効だ。こうした汚れにエアダスターをいくら吹きつけても、全く効果が無い。

 

そのため、両方持っている人は「最初はエアダスター、次に接点復活剤」といった順番で試してみるのが望ましいだろう。接点復活剤は最終手段。無暗に使い過ぎないよう注意して欲しい。

 

スポンサーリンク
 

市販のグリップケースを使う 

市販のSwitch用グリップケースを使用することで、携帯モードの接続が改善される可能性がある。実際、自分が問題解決に至ったのが、この対処法だった

 

携帯モードでSwitchを遊んでいて、Joy-Con (L) の接続が途切れる直前、自分がやったことを振り返ったところ…「左スティック」や「-ボタン」を押していたケースが非常に多かった。言い換えると、Joy-Conの上部にあるボタンを押したとき、通信が途切れやすい傾向にあったのだ。コレが原因なのでは?

 

そこで、自分はある仮説を立てた。

 

自分が携帯モードを遊んでいる時、無意識のうちにJoy-Con (L) に負荷をかけてしまい、ロックが外れやすくなってしまったのではないか?

 

そして、その状態で「左スティック」や「-ボタン」を押し、上方向に力を加えたことで、僅かなズレが生じてロックが外れ、Joy-Con (L) の接続が途切れてしまったのではないだろうか?…と。

 

f:id:Wata_Ridley:20201012152540p:plain

メチャクチャ雑な図解

  

この仮説が正しければ、Joy-Con (L) を物理的に固定できれば、問題が解消されるハズである。経年劣化で緩んでしまったJoy-Conのロック機構を、何らかの手段で補強するのだ。

 

そう判断した自分は早速、ネット通販で『Skull & Co. Nintendo Switch GripCase』を購入してみた。Switch (携帯モード) 専用のグリップケースで、価格は2000円くらい。

 

f:id:Wata_Ridley:20201012153359p:plain

市販のグリップケースを装着!


底面にグリップが付いた専用ケースで、Nintendo Switchを握りやすくして、操作性を改善する!…というのが本来の用途。装着もカンタンで、Switch本体 (携帯モード) をそのままハメ込むだけ。

 

f:id:Wata_Ridley:20201012153445p:plain

携帯モードのSwitch本体をハメ込むだけ!

 

このグリップケースを使えば、携帯モードのSwitchを包み込んで、ガッチリと固定することが可能だ。自分の予想通り、このケースのおかげでJoy-Conがズレることが無くなり、たちどころに問題が解消したのだった。いやぁ~ヨカッタヨカッタ。

 

さらに副次的な効果として、Switchのグリップ性・耐久性が強化され、携帯ゲーム機としての完成度も向上した。デフォルトよりも握りやすく、操作しやすい。自分と同じ現象に悩まされている人には、超オススメである。グリップの色・形状も選べるぞ!

  

 

一方で、このグリップケースにも多少の欠点はある。自分が気になったデメリットは以下の通り。

 

デメリット① - ちょっぴり重くなる!

 

自分が買ったSwitch用グリップケースは、重量が 約250g ほどあった。そのため、Switch本体+ケースで遊ぶと、総重量が増えて少しだけ重くなる自分はさして気にならなかったが…。

 

 

デメリット② - テーブルモードにできない!

f:id:Wata_Ridley:20201014103740p:plain

テーブルモード用の「スタンド」が開けない構造

 

「Switch本体を包み込む」という構造上、本体背面にあるスタンドが開けない。テーブルモードにするときは、毎回グリップケースを取り外す必要がある。勿論、スタンドの裏側にある、microSDカードを着脱するときも同様だ。

 

なお、ぼっちの自分はテーブルモードとか全然使わないので、この点は全く問題なかった。microSDカードも、そんな頻繁に着脱しないし。

 

 

デメリット③ - ドックに挿し込みづらい!

 

「ケースを装着したまま、ドックに挿して充電できる」というのが、本商品の売りなのだが…ケースの厚みが結構あるので、ドックに挿し込むと少し窮屈だった

 

何も装着しないデフォルトと比べて、スムーズにドックに挿し込めず、手間取ってしまうのだ。仕方ないとはいえ、ちょっと残念なポイントかも。

 

 

…以上が、自分の気づいたグリップケースのデメリットになる。興味を持った人は、こうした点も踏まえて、購入を検討して欲しい。

 

スポンサーリンク
 

任天堂に修理を依頼する

これまで紹介した対処法を一通り試しても、やっぱり携帯モードの接続が途切れてしまう…という人も、一定数いるかと思う。こうなると、自力での解決は困難と見た方がイイ。観念して、任天堂に修理を依頼した方が確実だ

 

以下のオンライン修理受付ページから、Switchの修理を依頼しよう。オンライン5%割引が適用されるので、チョットだけお得になる。

 

www.nintendo.co.jp

 

保証期間内 (購入後、約1年間) であれば、基本的に修理代・送料などはかからない。ただし、Joy-Conの損傷が激しい場合などには、保証期間内であっても別途 修理代を請求される可能性がある。

 

保証期間が過ぎている場合は当然、修理代を請求される任天堂サポートページにも記載があるが、Joy-Conの修理費用は2000~3000円ほど。場合によっては、本体側の修理が必要になる可能性も。送料も自己負担だ。

 

また、Joy-Conのネジを外して分解したりすると、任天堂の「修理サービス規程」に反するため、修理してもらえなくなる可能性がある。この記事を読んでいる人は、自力で修理を試みている人が多いだろう。この点にも十分に注意して欲しい。

 

スポンサーリンク
 

まとめ

「Switchを携帯モードで遊ぶとき、取り付けたJoy-Conが操作不能になる」現象に悩まされた自分だったが、Switch用グリップケースを装着することで、事態が改善したのだった。しばらく使い続けてみたが、現状 特に異常は見られない。我ながら、良い買い物をしたものである。

 

…でもさぁ…そんなに携帯モードでSwitchを遊ぶことが多いなら…最初から廉価版の『Nintendo Switch Lite』を買えばよかったんじゃ…?

 

 …と思わなくもないのだが、結果オーライである。大体、自分がSwitch買ったときには、まだ国内でSwitch Liteが販売してなかったのじゃよ。安易に買い替えに走らず、在りモノを活用するのは大事だと思うぞ。MOTTAINAIの精神じゃ(言い訳)

 

というか、やはりNintendo Switchは任天堂の歴代ゲームハードと比較しても、耐久性に難があり過ぎる

 

まだ2年も使ってないのに、Joy-Conが経年劣化してるってヤバくない?流石に弱すぎる。湾岸戦争の爆撃を余裕で耐えたゲームボーイや、2階から落としても問題なく動作するゲームキューブを、もう少し見習って欲しいものである。

 

せめて、近く発売予定というハイエンドモデルの新型Switch本体では、耐久面での改善が見られることに期待したい。頼むぜ任天堂…。