わたブログ - WataRidley's Blog -

コミュ障の鳥類が贈る雑記ブログ。

日本語化もできる!海外で話題のパズルゲーム『Helltaker』

スポンサーリンク

f:id:Wata_Ridley:20200529160514j:plain

 

最近 Twitterのタイムラインに、悪魔っ娘のイラストがやたらと流れてくる。赤や黒のスーツを着こなしていて、とにかくカッコ可愛くて魅力的なのだ。あまりにもデザインセンスが強すぎる。以下、一例である。

 

 

「元ネタを観たいわ!その子の元ネタをみせてちょうだい!!」(画像略)

 

…そういう思いが募って調べたところ、どうやらSteamで配信されている『Helltaker』というPCゲームが元ネタらしい。えるしってるか…。

 

ポーランド在住のクリエイター、Vanripper (Łukasz Piskorz) 氏が制作したゲームで、氏のフェチズムを詰め込んだ究極のキャラゲーなのだとか。キャラデザが最強過ぎるため、世界中のオタクたちを大いに狂わせているという。…とんでもない作品が世に解き放たれてしまったのだな。

 

今回はそんな話題作『Helltaker』の簡単なレビューと、日本語化MODの導入手順についてご紹介したい。すでに様々なメディアで取り上げられているし、今更自分が紹介するのもアレな気がするが、ご参考としていただければ幸いである。

 

どういうゲーム?

『Helltaker』の魅力は方々で語り尽くされているので、多くを語る必要はないだろう。ゲーム概要をザックリ説明すると「地獄の女の子とイチャラブするパズルアクション」である。悪魔っ娘 (+α) のハーレムを作り上げるのが最終目標だ。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529113617j:plain

『倉庫番』スタイルのパズルゲーム


ゲーム画面はこんな感じ。白いスーツを着たナイスガイが主人公で、十字キーでステージ内を移動。数多の障害を乗り越えて、女の子のすぐ隣まで辿り着けばクリアとなる。…こう書くと簡単そうにみえるが、一筋縄ではいかない。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529114057j:plain

ぬわーーっ!!(リトライ)

 

このゲームには「意志」と呼ばれる歩数制限がある。ステージ内を移動したり、障害物を通過する度に、画面左下の数値がガリガリ削られていく。ゴールに着く前に歩数が0になると、ミスとなり最初からやり直しになってしまうのだ。しっかり考えて道筋を立てる必要がある。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529114208j:plain

みんな大好きCEO

 

無事にゴールまで辿り着くと、女の子との会話シーケンスに入る。ギャルゲーのように選択肢が表示されるので、その中から1つを選んで話を進めていく。相手の女の子を口説いて、自分のハーレムに招き入れようという算段だ。

 

カワイイ見た目をしているが、お相手は地獄の悪魔っ娘。会話内容は慎重に選ばなければならない。少しでも癇に障るような発言をすれば、命を奪われてBAD END。最初からパズルをやり直すハメになる。手厳しい~…。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529114233j:plain

選択ミスすると即死

 

パズルは全9ステージ用意されている。どれも堅実に作られたステージで、レベルが上がるごとにギミックが増え、段々と難しくなっていく。だが、リトライ性が非常に高く、救済措置も多いので、ストレスを感じることは全然無い

 

例えば、ゲームプレイ中に「R」キーを押すと、リセットしてステージを最初からやり直せる。歩数が足りずに軽く詰んだ状況から、瞬時にリセットできるので超ありがたい。地味に嬉しい機能。

 

どうしてもパズルが解けないときは「ESC」キーを押そう。ステージをスキップして次に進める。最終面以外は全部スキップできるので、パズルをガン無視して女の子との会話だけを楽しむことも可能だ。邪道ではあるが。

 

「L」キーを押せば、ハーレムの女の子からパズルを解くヒントが聞き出せる。あんまり役に立たないこともあるが、会話内容が凝っているので非常に楽しい。分岐エンドが見られたりもするので、見て損はないだろう。(Happy Endとは言ってない)

 

f:id:Wata_Ridley:20200529121516j:plain

ヒントの会話も楽しい


可愛くて設定が濃いキャラクター達、軽快なゲームBGMなども相まって、楽しくサクサク遊べるのが本作の魅力。パズルゲー苦手マンの自分でも、3時間ほどで自力でクリアすることができた。スキップ機能を多用すれば、短時間クリアも不可能ではない。

 

そんな素晴らしい良作ゲーム『Helltaker』だが、Steamで無料配信されている。もう一度言う。無料で配信されている。遊ばない手はないだろう。以下のリンクからダウンロードだ!

 

store.steampowered.com

 

スポンサーリンク
 

日本語化MODの導入手順

キャラが超可愛くてハイクオリティ!しかも無料!と最強過ぎる『Helltaker』だが、リリース当初は英語版しかないのがネックだった。海外製のゲームだから仕方ないよね。

 

だが、リリース後すぐに有志による日本語化MODが配信された。この影響で日本国内での人気に火が付き、神絵師によるファンアートが爆発的に増加。それを見た人がさらにゲームに興味を持つ…という好循環が生まれたのである。自分もその1人デス。

 

日本語化MODを作成したのは、陽炎01型氏。過去に様々なゲームの日本語翻訳を行っているプロの翻訳家だ。氏の手掛けた『Helltaker』日本語テキストは恐ろしく良質で、キャラクターの魅力を最大限に引き出している。大胆かつユニークな意訳や、オタクがクスっとなる言い回しも多く、控えめに言って最高なのだ。…高橋邦子文法とかね。

 

この日本語化MODは『Helltaker』本体には付属していない。そのため、自分で設定ファイルをいじくって手動で導入する必要がある。PCゲームに慣れていないと、ちょっと難しいかもしれない。自分が実際にやってみた、Windows環境での導入手順を記載しておこう。

 

①日本語化ファイルのダウンロード

『Helltaker』本体をダウンロードしたら、以下のSteamコミュニティから日本語化ファイルを入手しよう。

 

steamcommunity.com

 

念のためにスクショも貼っておく。陽炎01型氏が公開している、以下のDropboxリンクをクリックしよう。「外部サイトに飛びます」的な表示が出るが、そのまま移動して問題ない。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529180726p:plain

このリンクからDropboxに飛ぶ

 

Dropboxのファイル公開ページに移動すると、ページの右上辺りにある「ログイン」ボタンの隣に、「↓」マークのボタンがある。コレがダウンロード用のボタン。コイツをクリックしよう。ブラウザ環境によっては場所が違うかもしれないが…。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529145919p:plain

「直接ダウンロード」を選択

 

上記のように選択肢が出ると思うので「直接ダウンロード」を選択。コレで日本語化ファイルを、自分のローカル環境に保存できる。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529145954p:plain

「今は実行せずに表示を続行」をクリック

 

上の画像のように「Dropboxのアカウントを作れ」的なポップが表示される場合があるが、ローカル環境への保存にはアカウント作成は不要だ。「今は実行せず表示を続行」をクリックして、無視してしまおう。問題なくダウンロードが開始されるハズだ。

 

◆追記 (2020/06/23)

現在、上記のDropboxリンクが停止しているらしい。これに合わせて、陽炎01型氏がファイルをGoogleDriveに再アップロードしてくださった。以下のリンク先から、日本語化ファイルをダウンロードしよう。

 

 

②日本語化ファイルの確認

日本語化ファイルのダウンロードが終わったら、圧縮ファイルを解凍して中身を確認しよう。下のスクショ画像のように、2種類のファイルがあるかと思う。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529150116p:plain

解凍して「local」フォルダをコピー

 

この中にある「local」フォルダが超重要。日本語版の台詞が入っているフォルダで、コイツを『Helltaker』本体にぶち込むことで、テキストが日本語化されるのだ。「local」フォルダを右クリックして、コピーしておこう

 

③Steam経由で『Helltaker』ローカルフォルダに飛ぶ

ここまでやったらSteamを起動して「ライブラリ」を確認しよう。自分がダウンロードしたゲームがずらっと並んでいる、あのページだ。以下のスクショ画像も参考にしてほしい。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529150214p:plain

「Helltaker」>「管理」>「ローカルファイルを閲覧」

 

自分の購入ソフトの中から「Helltaker」を探して、右クリックする。「管理」>「ローカルファイルを閲覧」と選択して、『Helltaker』のローカルフォルダ (設定ファイル) に飛ぶのだ。コレが一番確実な方法だと思う。

 

④「local」フォルダの上書き

『Helltaker』ローカルフォルダは、下記のスクショ画像のような感じに、ゲームの設定ファイルがズラズラ並んでいる。いじくりまわすと危険なので注意されたし。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529150343p:plain

貼り付けで「local」フォルダを上書き

 

その中に「local」という名前のフォルダがあるかと思う。この中には英語版のテキストが入っている。コイツを手順②でコピーした「local」フォルダで上書きして、日本語化MODを適用するのだ。

 

ローカルフォルダ内の何もないとこで右クリックして、手順②でコピーした「local」フォルダを貼りつける。これで上書きできる。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529150510p:plain

「ファイルを置き換える」でOK

 

上記のような警告ウィンドウが出るかと思うが、「ファイルを置き換える」を選択して作業を進めてしまって問題ない。

 

⑤日本語化されているか確認

ここまでやったら日本語化MODの導入作業は終わり。『Helltaker』のソフトを起動して、テキストが日本語になっているか確認しよう。

 

f:id:Wata_Ridley:20200529121602j:plain

よし!日本語化できてるな!

 

上のスクショ画像のような感じに日本語化できていればOKだ。もし上手くいかなかった場合は、導入手順の②~④をやり直したり、『Helltaker』のソフトを再起動したりして頑張ろう。作業自体はそう難しくはないので、何とかなるハズである(適当)

 

スポンサーリンク
 

最後に

以上、私的『Helltaker』の紹介記事でした。ゲームの魅力については言わずもがな、陽炎01型氏が手掛けた日本語翻訳もスゴイ。クリア後には氏が公開している「Helltakerほんやく後記」を読むことを推奨する

 

note.com

 

『Helltaker』は無料ゲームだが、もし経済的な余裕がある場合は、DLC「Helltaker: Artbook + Pancake Recipe」も購入しよう。ゲームの設定資料とクレープのレシピが入っている。一応、無課金でも見れなくはない要素なのだが、やっぱり制作者にお布施したいじゃん?価格も1000円とお安いので、課金して損は無い。続編の制作資金になるかもだし。

 

ちなみに、私の最推しキャラは Judgementちゃん。英語テキストだと会話の大半が大文字で、物凄く威圧的でキャラが立ってるんですよね。ずっと口説き続けていると、段々と角が取れたカワイイ言葉遣いに変わっていくのがツボだったのじゃよ。陽炎01型氏の日本語翻訳でも、その辺が上手く再現されていてヨカッタ…。原罪執行装置起動!

 

クリア記念にファンアートも描いたので、物好きの方は見てやって欲しい。絵が下手過ぎて全然似てないんだけどね。もっと絵柄を似せる努力をしろ。

 

#Helltaker Judgementちゃん - わたりどりぃのイラスト - pixiv

 

…でも Modeusちゃんや CEO も捨てがたい。Justice君もすこ。キャラが全員魅力的過ぎる…1人に絞れねぇ…(優柔不断)