わたブログ - WataRidley's Blog -

コミュ障の鳥類が贈る雑記ブログ。

Joy-Con左手デバイスのメリット&デメリット

スポンサーリンク

前回、Joy-Conを左手デバイス化する手順について解説した。多くの人に読んでいただいているようで、非常に嬉しい。

 

www.wata-ridley.com

 

今回の記事では、自分が1年以上使ってみて感じた、Joy-Con左手デバイスのメリット・デメリットについて解説する。重大なデメリットも少なからずあるので、これからJoy-Conをイラスト制作に使おう!と考えている人には参考としていただきたい。

 

※この記事は、読みやすさ重視のため、前回の記事から該当箇所を分割したモノとなっています。

 

Joy-Con左手デバイスのメリット

メチャクチャ使いやすい!

Joy-Con左手デバイスは、とにかく使い勝手が良い片手で操作することを前提としたコントローラーなので、ボタン配置に無理がないし、軽くて持ちやすい。

 

ワイヤレスで手を自由に動かせるのも高評価ポイントだ。市販の有線コントローラーだと、コードが邪魔で作業しづらいが、Joy-Conはワイヤレスなので問題ない。おかげでストレスを感じることなく、作業に没頭することができる。

 

さらに、Joy-Con内蔵バッテリーの持続時間は約20時間ほどあるので、長時間の使用にも余裕で耐えられる。二徹して漫画原稿を描くとか、そんな無茶をしない限りは問題なく使えるだろう。

 

自分は徹夜で同人原稿を描き上げたことがあったが、その時も電池切れを起こすことなく、最後まで使うことができた。…みんなは徹夜しちゃダメよ?

 

スポンサーリンク
 

右手でも使える!

記事冒頭でも説明したとおり、Joy-Con (R) をパソコンと同期させれば、右手用デバイスとしても使用できる市販の作業効率化デバイスは、右利き用に設計されているものが多い。左利きの人も使えるのは、他の製品には無い"強み"と言えるだろう。

 

Joy-Con (R) と (L) とでは、スティックの位置が異なるなどの微妙な違いがあるものの、ボタンの総数は同じだし、手の内にフィットする快適な使用感にも変わりはない。右利きのユーザーでも、安心して使うことができるのだ。

 

スポンサーリンク
 

比較的安い!

市販の作業効率化デバイスは高価なモノが多い。多機能の製品だと1万円くらい余裕でかかってしまう。プロの専業イラストレーターならまだしも、我々のような趣味の範疇でイラストを描く人間にとっては、少々手が届きづらい。

 

だが、Joy-Conは (L) / (R) どっちか片方だけであれば、4000円弱で購入できる。これは数ある作業効率化デバイスの中でも、かなり安い方だろう。

 

既にNintendo Switchを持っている人は、付属のJoy-Conをそのまま使えばイイので、追加の費用はかからない。コスト面でも優秀である。

 

ゲームにも使える!

本来の用途なので当然ではあるが、ゲームのコントローラーとしても利用できる

 

市販の作業支援デバイスは、パソコンなどでしか使えないので、用途がメチャクチャ限定される。ゲームにも使用できるのは、Joy-Conならではの特性と言えるだろう。その気になれば、PCゲームの操作を割り当てることも可能だ。…だから何だって感じだが。

 

スポンサーリンク
 

Joy-Con左手デバイスのデメリット

 

 スティックが壊れやすい

Joy-Conは機能性・デザイン性を重視しているためか、過去の任天堂ハードのコントローラーと比べると、故障による不具合が起きやすい

 

特に壊れやすいのがアナログスティックで、一定方向に強い負荷をかけ過ぎたり、スティックの付け根の部分にホコリが入り込んだりすると、入力操作がうまく機能しなくなる。これは無視できないデメリットだろう。

 

この対策としては、普段から丁寧に扱うよう心掛けるしかない。スティックやボタンに強い負荷をかけないよう、ソフトなタッチで使うよう注意しよう。隙間に溜まったホコリなども、定期的に掃除しよう。

 

www.wata-ridley.com

 

なお、Joy-Conが故障したときのチェック事項・修理方法などについては、上の記事で紹介している。自分が実際に試した、Joy-Conの修理手順などをザックリまとめているので、参考にしてほしい。

 

スポンサーリンク
 

Switch本体が無いと充電がダルい

Joy-Conは充電式の無線コントローラーで、内蔵バッテリーを充電することで繰り返し使うことができるのだが…かなり特殊な充電仕様となっている。下記の任天堂公式ページを読んで欲しい。

 

www.nintendo.co.jp

 

上記リンクによると、任天堂公認のJoy-Con充電のしかたは、以下の3つの方法がある。

 

Joy-Conの充電方法

 

  • 充電中のNintendo Switch本体に取り付ける
  • Joy-Con充電グリップ (別売) に取り付ける
  • Joy-Con拡張バッテリー (別売) に取り付ける

 

Switchユーザーならご存じかとは思うが、Joy-Conには充電用の接続ポートなどが付いていないので、市販のケーブル類では充電できない。専用機器にJoy-Conを取り付けて、そこから電力供給を受ける以外に方法が無いのだ。

 

通常は、Switch本体にJoy-Conをカチッと差し込んで充電する。だが、Joy-Conを単品で購入した人は、別売りの充電用デバイスを用意する必要があるここが市販の作業支援デバイスと違って面倒くさい。

 

手っ取り速いのは、別売の「Joy-Con拡張バッテリー」を使う方法だろう。乾電池式の拡張バッテリーを取り付けることで、充電しながらJoy-Conを使えるようになる。

 

 

電池交換式がイヤな場合は、サードパーティ製の充電機器を使うという方法がある

 

自分が愛用しているのは、GameHunter製の「Joy-Con充電スタンド」だ。円筒型スタンドにJoy-Conを挿し込み、最大4台までの急速充電が行える。

 

f:id:Wata_Ridley:20201013141404p:plain

自分が愛用しているJoy-Conスタンド

 

USBケーブルで給電するタイプの充電器で、Switch本体が無くても、USB対応の端末・アダプタさえあれば使用可能だ。値段も比較的安く、コンパクトで場所を取らない。私的オススメ商品である。デザインがオシャレだし。

 

 

海外製っぽいのは不安…という人には、ホリ製の「Joy-Con充電スタンド」がオススメ。安心の日本製で、任天堂のライセンス商品。コチラもUSBケーブルで給電する方式だ。

 

 

長くなってしまったが、とにかくJoy-Conの単品購入を検討している人は、充電機器も用意しなくてはならない点に十分に注意してほしい。場合によっては、Switch本体ごと買った方が良いかもしれない。

 

スポンサーリンク
 

再接続に失敗する場合がある

Joy-Con左手デバイスは、作業を再開しようとした時に、再接続に手間取ってしまうケースがある

 

基本的には、前回の記事の設定手順をやり直すことで、元通りに再接続できる。だが例外的に、クイックペアリング機能などが原因で、スムーズに立ち上がらないケースもあるのだ。

 

www.wata-ridley.com

 

こうした事態に陥った場合の対処策については、上の記事で紹介しているので、あわせてご確認いただければと思う。説明が下手くそでゴメン…。

 

スポンサーリンク
 

iPad / iPhoneでは使えない!

Joy-Conは様々な機器に接続可能だが、Bluetoothプロファイルの仕様上、iOS端末 (iPad/iPhone) にだけはワイヤレス接続できない

 

…つまり、iPad/iPhoneでお絵描きしている人は、Joy-Con左手デバイスが使えないのだ。iPadユーザーが左手デバイスを使いたい場合、他の機器を探す必要がある。

 

そこでオススメなのが「8BitDo Zero 2」というコントローラーだ以下の記事を確認して欲しい。

 

www.wata-ridley.com

 

Joy-Conと同じ無線タイプのゲーム用コントローラーで、左手デバイスとしても活用できるのが特徴だ。お値段も安くコスパが良いので、候補の1つとして検討してみて欲しい。

 

スポンサーリンク
 

最後に

以上、Joy-Conを左手デバイス化したときに考えられるメリット・デメリットでした。個人的には愛着があって至高のお絵描き支援ツールだと思うのだが…冷静に見てみるとデメリットも結構多かったり。

 

これからJoy-Con (もしくはSwitch) を入手して、お絵描きのときにフル活用しよう!と考えている人は、こうしたメリット・デメリットを考慮に入れた上で、購入を検討して欲しい。素敵なお絵描きライフを!