わたブログ - WataRidley's Blog -

コミュ障の鳥類が贈る雑記ブログ。

デジタル絵描き必見!Joy-Conを左手デバイスに設定する方法

スポンサーリンク

f:id:Wata_Ridley:20200505115156p:plain

 

デジタルイラストを素早く描き上げるためには、ペイントソフトに設定された「ショートカットキー」を使いこなすことが重要だ。ツール選択などの煩雑な操作を簡略化して、作業効率を大幅にアップできる。デジタル絵描きにとって、必須レベルのテクニックだ。

 

ショートカットキーの利用にあたっては、どのデバイスを使うのかも大事なポイント。キーボードを使うのが基本だが、操作が少々煩雑だし、モノによっては場所を取るからだ。他の入力装置・コントローラーなどにキーを割り当てる、俗に言う「左手デバイス」を利用するのがベストだろう。

 

だが、市販の作業支援デバイスは高価なモノが多いし、ゲーム用コントローラーは両手で操作するタイプが主流なので、片手では少々扱いづらい。他に良いアイディアは無いのだろうか…?

 

 

そこで、今回は「Joy-Con (ジョイコン)」を左手デバイスとして活用する方法をご紹介したい。Nintendo Switch専用コントローラー「Joy-Con」にキーを割り当てることで、直感的なショートカット操作が可能になる。

 

自分も長年愛用しているが、とっても快適で使いやすいのでオススメ。デジタル絵描きの皆さんには、是非とも参考にしていただきたい

 

はじめに

まず最初に断っておくと、Joy-Con左手デバイスは、自分が発案したアイディアではない。Twitterで以下のツイートを見かけて、初めてこの画期的な方法を知ったのだった。

 

 

このライフハック (?) を知った自分は衝撃を受けた。まさかJoy-Conをイラスト制作に活用できるとは、夢にも思わなかったからだ。

 

前からこういう補助デバイスが欲しかったのだが、手持ちのJoy-Conを使った方が断然安上がりだし便利じゃん!と気づかされたのである。ちょうど Switch本体を買った直後だったんですよね。

 

テンションが上がった自分は、早速Joy-Conの左手デバイス化に着手したのだが…ここで1つ問題が。設定作業にメチャクチャ時間を取られてしまったのである。

 

…というのも、その当時はネットで検索しても「Joy-Con左手デバイスが便利!!」という話ばかりが出てきて、肝心の設定方法については、ロクな情報が無かったのだ。現在は豊富なようだが…。

 

当時のブログ記事・SNS投稿には「設定はテキトーでOK!」と書いてあったのだが、パソコンに不慣れな自分は、全然うまくできなかった。試行錯誤を繰り返して、何とかそれっぽく設定できたのだが、最初から分かりやすい設定手順を教えてくれ!と今でも思う。

 

そのため今回の記事では、自分が実際にやってみて詰まったポイントを踏まえて、Joy-Con左手デバイスの設定手順について、なるべく簡潔に説明していきたい

 

スポンサーリンク
 

Joy-Con左手デバイスの設定手順

設定の大まかな流れ

手始めに、設定手順の大まかな流れを説明しよう。以下の2ステップで設定する。

 

設定手順

 

  1. 「Joy-Con」と「パソコン」を、Bluetoothでワイヤレス接続
  2. 無料ソフトウェア「JoyToKey」をパソコンにインストール・設定

 

まず「Joy-Con」と「パソコン」をワイヤレス接続する。だがコレだけでは、Joy-Conのボタン入力が、パソコン側で認識されない。「JoyToKey」などのソフトウェアを導入して、ボタン入力を変換する必要がある。

 

文章だけだと分かりづらいので、「最終的にこうなる!」というイメージ図を書いてみた。雑な図解で申し訳ない…。

 f:id:Wata_Ridley:20191227064837p:plain 

イメージ図 (自作)

上の例では、JoyToKeyを使って「Joy-ConのLボタン = Ctrl+Y (ショートカットキー)」と設定している。この設定でLボタンを押すと、JoyToKeyの翻訳(?) を介して、パソコン側で「Ctrl+Yが押された!」と認識される…というカラクリだ。

 

…という感じで、設定手順で必要なのは、以下の3つのデバイス&ソフトウェア。準備方法などは後で紹介するので、取り敢えず読み進めてほしい。

 

用意するモノ

 

  • Joy-Con
  • Bluetooth対応のパソコン (Windows)
  • JoyToKey (フリーのソフトウェア)

 

なお、自分が所持しているパソコンの都合上、 Windows10環境での設定方法を紹介していく。他のWindowsバージョンやOSを使ってる人には、今回紹介する手順は役に立たないかもしれない。

 

applech2.com

 

※ちなみに、macOSを使用している人は「JoyKeyMapper」を使うとイイかも。最近リリースされた無料のソフトウェアで、本手順で紹介している「JoyToKey」の代替としての利用が期待できる。詳細は上の記事をご確認いただきたい。

 

スポンサーリンク
 

Joy-Conの用意

Joy-Conを用意しよう。コレが無いと何も始まらない。既にNintendo Switchをお持ちの皆さんは、手持ちのJoy-Conをそのまま使えばOK。持っていない人は、Joy-Conだけ単品で購入しよう。

 

基本的にJoy-Conは、両手用の (L) / (R) セットで販売されているのだが、左手用のJoy-Con (L) だけ単品購入することが可能だ。ゲームは遊ばないけど、Joy-Conだけ欲しい!という人にオススメ。

 

 

この記事では一貫して「左手デバイス」として紹介しているが、同じ手順でJoy-Con (R) を設定すれば、右手デバイスとしても使える。左利きの人でも安心。コチラも単品でバラ売りされている。

 

 

ちなみに、Nintendo Switch本体を持ってない場合は、別売りの充電器も必要になる。Joy-Conを単品で買おうとしている人は要注意。この充電仕様については、本記事の「メリット/デメリット」の項目で後述しているので確認してほしい。

 

 

◆追記 (2020/10/13)

現在、Joy-Con単品が品切れの状態が続いていて、ネット通販などで価格が急騰している。だが、安心して欲しい。価格調整のため、一時的に販売をストップしているだけだ。

 

任天堂公式ホームページによると、2020年11月6日から価格改訂が行われ、Joy-Conの単品価格が 4480円(税抜) ⇒ 3740円(税抜) に一斉値下げされる予定だ。以下の特集記事もご参照いただきたい。

 

automaton-media.com

 

そのため、これからJoy-Con単品の購入を考えている人は、2020年11月6日以降を狙った方がイイと思う。任天堂からの続報を待とう。

 

スポンサーリンク
 

Bluetooth対応パソコン (Windows) の用意

Joy-Conをワイヤレス接続するために、自分のパソコンがBluetoothに対応してるかどうか確認しよう。基本的にWindows8.1以降であれば対応しているハズだが…念のためチェックした方がイイ。

 

確認方法としては「デバイスマネージャー」を開いて、Bluetoothアイコンの有無をチェックするのが一番早い。この手順については、下記サイトが詳しいので、ご参照いただきたい。

 

qa.elecom.co.jp

 

パソコンの Windows OSバージョンが分からない!という方は、以下の手順を試してほしい。

 

①「ファイル名を指定して実行」画面を開く

 

Windowsキー と Rキーを同時押しして「ファイル名を指定して実行」を開く。

 

※ タスクバー左下の「スタート」で右クリック ⇒ 「ファイル名を指定して実行 (R)」でも可。

 

 

②「winver」を入力・実行

f:id:Wata_Ridley:20191219083122p:plain

 

検索窓に「winver」と入力して実行。

 

 

③「Windows のバージョン情報」で確認

f:id:Wata_Ridley:20191219082846p:plain

 

赤色で囲った部分が、Windowsバージョンになる。デカデカと表示されるので、すぐに分かるハズ。この場合はWindows10。

 

 

自分のパソコンがBluetoothに対応していない場合は、市販の「Bluetoothアダプタ」を利用するとイイだろう。同梱のソフトウェアをインストール後、アダプタをUSBポートに挿し込むだけで、Bluetooth環境が実現できる。下記のエレコム製品などがオススメ。

 

 

Bluetoothアダプタの平均価格は1000円前後。個人的には、最初からBluetooth対応のPCを用意した方がラクな気もする。自分のお財布と相談しながら、最適な環境を準備しよう。

 

スポンサーリンク
 

JoyToKeyのダウンロード

前述のとおり、Joy-Conをパソコンに接続するだけでは、左手デバイスとして利用できない。ショートカットキーの設定を割り当てる、専用ソフトウェアが別途必要になる。

 

そこでオススメしたいのが「JoyToKey」だ。無料でダウンロード可能なシェアウェアソフトで、ライセンスを購入しなくても、全機能をフル利用できる。以下の公式サイトからダウンロードしよう。

 

joytokey.net

 

サイト内の説明がヒジョーに丁寧なので、特に困る場面はないと思うが、念のためダウンロード手順を画像付きで説明しておこう。

 

 ①ダウンロードページに移動

f:id:Wata_Ridley:20191219075023p:plain

「ダウンロード」をクリック

 

ページ上部にある「ダウンロード」をクリック。下の図で赤色で囲ったリンクだ。

 

 

②好きな形式でファイルをダウンロード

f:id:Wata_Ridley:20191219080523p:plain

お好みの形式でダウンロード

 

ファイルはインストーラー形式・ZIP形式の2つから選択できる。パソコンに詳しくない方には「インストーラー形式」がオススメ。軽量で扱いやすいZIP形式が個人的にはイイと思う。お好みで。

 

リンクが色々あるが、特に理由がなければ、赤色で囲ったリンクを選べば問題ない。JoyToKey公式サイトから直接、ファイルをダウンロードすることができる。

 

 

③「JoyToKey」のセットアップ

 

ダウンロードしたファイルから、「JoyToKey」をセットアップしよう。適当でOK。

 

「インストーラー形式」の場合は、表示される手順に沿って進めていけば、JoyToKeyを簡単にインストールできる。デスクトップに作成されるアイコンを開けば、ソフトウェアが起動する。

 

「ZIP形式」の場合は、ダウンロードした「JoyToKey.zip」ファイルを任意の場所に展開しよう。解凍したフォルダにある「JoyToKey.exe」を選ぶと、ソフトウェアが起動する。

 

 

 

スポンサーリンク
 

Joy-Conをパソコンに接続!

JoyToKeyの導入が終わったら、パソコンとJoy-ConをBluetooth接続しよう。前述のとおり、Windows10環境での設定手順を紹介していく。

 

①Windowsの設定画面を開く

f:id:Wata_Ridley:20200102180212p:plain

「設定」を開く(歯車のマーク)

 

スタートメニューを開いて「設定」(歯車のマーク) を選択する。

 

 

②設定画面で「デバイス」を選択

f:id:Wata_Ridley:20191216213907p:plain

「デバイス」を選択

 

Windowsの設定画面が開くので、「デバイス」を選択する。

 

 

③「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」

f:id:Wata_Ridley:20191216213942p:plain

「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」を選択

 

「Bluetoothとその他のデバイス」の項目内の「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」を選択しよう。

 

※ 直下にある「Bluetooth」ボタンが「オン」になっていることを確認しておこう。「オフ」だとJoy-Conが接続できない。

 

 

④「デバイスを追加する」で「Bluetooth」を選択

f:id:Wata_Ridley:20191216214601p:plain

「Bluetooth」をクリック

 

こんな感じのウィンドウが出てきたら「Bluetooth」をクリック。するとパソコンが、付近にあるBluetooth対応デバイスを検知するモードに入る。

 

 

⑤Joy-Conのシンクロボタンを押す

f:id:Wata_Ridley:20191216214852p:plain

Joy-Con側面のボタンを長押し

 

ここでSwitchのJoy-Conを用意。側面にあるシンクロボタンを3秒くらい長押しする。SLボタンとSRボタンの間にある、小さな丸いボタンだ。

 

f:id:Wata_Ridley:20191216214917p:plain

緑色のランプが明滅する

 

Switch愛用者ならご存じかと思うが、シンクロボタンを押し続けるとプレイヤーランプが緑色に点滅して、無線接続の待機モードになる。ランプの点滅が始まったら、手を離しても大丈夫だ。

 

 

⑥デバイス一覧から「Joy-Con」を選択

f:id:Wata_Ridley:20191216214945p:plain

デバイス一覧の「Joy-Con」をクリック

 

デバイス一覧に「Joy-Con」が表示されるハズなので、それをクリック。Joy-Conとパソコンの接続待ち状態になるので、しばし待たれよ。

 

f:id:Wata_Ridley:20191216215000p:plain

「完了」を押して元の画面へ

 

Bluetooth接続に成功すると、こんな感じの画面になる。ウィンドウ右下の「完了」を押して、元の設定画面に戻ろう。

 

 

⑦Joy-Conが追加されたか確認

f:id:Wata_Ridley:20191216215022p:plain

「Joy-Con:接続済み」となればOK

 

「Bluetooth とその他のデバイス」画面に、Joy-Conが追加されていることを確認する。「接続済み」という表示が出ていればOKだ。

 

※Joy-Conが表示されない場合は、手順①からやり直したり、Bluetoothがオフになってないか確認してみよう。

 

 

スポンサーリンク
 

ショートカットキーの割り当て

ワイヤレス接続したJoy-Conの各ボタンに、「JoyToKey」でショートカットキーを割り当てていく。作業完了までもう少し。気合入れて頑張りましょ。

 

ソフトウェアを起動すると、こんな感じの基本画面が開く。

 

f:id:Wata_Ridley:20191221200542p:plain

JoyToKeyの基本画面

 

ここで、先ほどワイヤレス接続した Joy-Con のボタンを適当にガチャガチャ押してみよう。正常に接続されていれば、押したボタンに対応するキーが反応して、黄色の帯が表示されるハズだ。

 

f:id:Wata_Ridley:20191221200423p:plain

無線接続したJoy-Conと連動する

 

接続が確認できたら、自分の設定ファイルを作成しよう。基本画面の左下にある「新規作成」を押して、設定ファイルの名前をつける。名前の入力が終わったら「OK」を押そう。ファイル名はテキトーで問題ない。今回は「SAI」という名前にしてみた。

 

f:id:Wata_Ridley:20191221202235p:plain

設定ファイルの作成 (名前はテキトーでOK)

 

下のスクショ画像をご覧いただきたい。基本画面の左側に、自分の作った「SAI」という名前のファイルが作成されているのが分かるだろう。この設定ファイルに、自分好みのキー設定をバシバシ保存していくことになる。

 

f:id:Wata_Ridley:20191222183504p:plain

設定ファイルが作成される

設定ファイルを作ったら、ショートカットキーを割り振っていく。今回は例として、 Joy-ConのZLボタンに「Ctrl + Z」を割り当ててみようと思う。キーボードのCtrlキーを押しながらZキーを叩く操作で、デジタル絵描きが最もお世話になる「1つ前に戻る」ショートカットだ。

 

先に紹介した通り、接続済みのJoy-Conのボタンを適当に押すと、JoyToKeyが反応して、対応キーが黄色で表示される。試しにZLボタンを押してみると、どうやらJoyToKey側では「Button 16」が対応キーらしいことが分かる。

 

この「Button 16」の箇所を左クリックで選択した後、下にある「このボタン設定を編集」を押してみよう。

 

f:id:Wata_Ridley:20191222185118p:plain

「このボタン設定を編集」をクリック

 

すると、「Button 16の設定画面」が出てくるハズだ。

 

最初の状態では「KeyBoard」タブが開かれていて、入力欄には「Disabled」と表示されているハズ。これは「キー設定が無い」という意味で、このときJoy-Conのボタンを押しても、パソコン側では何も反応しない。

 

ここで、4つある入力欄のうち、赤色で囲った部分の一番上の窓を左クリックして、キーボードの「Ctrl キー」を叩いてみよう。以下のスクショ画像も参考にして欲しい。

 

f:id:Wata_Ridley:20191222191830p:plain

一番上の入力欄にキーを設定

 

すると以下のスクショ画像のように、入力欄に「Ctrl」と表示される。このまま設定を保存すれば、パソコン側で「Joy-ConのZLボタン = キーボードのCtrlキー」と認識される…というワケだ。

 

f:id:Wata_Ridley:20191222190847p:plain

「Ctrl」が設定できた

 

だが、今回はキーボードのCtrl キーとZキーを2つ同時押しする「Ctrl + Z」を設定したいので、Ctrlキーを割り当てただけではダメだ。もう一方のZキーも設定する必要がある。

 

そこで、以下のスクショ画像のように2番目の入力欄 (赤色で囲った箇所) を選択して、キーボードの「Zキー」を叩いてみよう。

 

f:id:Wata_Ridley:20191222193129p:plain

2番目の入力欄にキーを設定

 

そうすると、上から順に「Ctrl」「Z」と入力欄に表示される。コレで設定できた。ついでに「Comment」欄にテキトーな説明文を書いて、画面右下の「OK」を押して設定を保存しよう。

 

f:id:Wata_Ridley:20191223190645p:plain

画面右下の「OK」を押して設定内容を保存

 

元の基本画面に戻ると「Button 16」の箇所に、キー設定が反映されているこれでJoy-ConのZLボタンを押すと、パソコン側では「Ctrl + Z」として認識されるようになった。

 

f:id:Wata_Ridley:20191223190716p:plain

「Button 16」に「Ctrl+Z」が設定できた

 

…下手クソな説明で申し訳ない。要するにこういうイメージ。あんまり難しく考えなくても大丈夫だ。

 

POINT

 

  • キーを1つだけ割り振るときは、該当ボタンにキーを1つだけ設定する。
  • 同時押し (Ctrl+Zなど) を割り振るときは、該当ボタンに複数のキーを設定する。

 

あとは同じ要領で、Joy-Conの各ボタンにキー設定をドンドン割り当てていくだけ。色々と試しながら、自分に合ったチューニングを目指してほしい。

 

なお、キー設定を割り当てるときは、ペイントツール側のショートカット設定も把握しておく必要がある

 

この詳細については下記のブログ記事を参照してほしい。自分がよく使う「SAI2」「CLIP STUDIO」のショートカット設定・変更方法を簡単にまとめている。…他のペイントツールを使ってる人はググって(無責任)

 

www.wata-ridley.com

 

あと、参考までに、自分のJoyToKey設定を以下に記載してみた。自分はCLIP STUDIOを使うことが多いので、それに合わせた調整を施している。※あまり使いこなせていない

 

f:id:Wata_Ridley:20200102140659p:plain

自分のJoyToKey設定 (使いこなせていない)

 

設定画面だと分かりにくいので、簡単な図解も用意した。Joy-Conの上半分にはキャンバスの回転などのよく使う操作、下半分にはツール選択などを割り振っている。とっても便利。

 

f:id:Wata_Ridley:20200102161237p:plain

設定内容の図解

 

JoytoKeyには他にも様々な機能があり、ユーザーの工夫次第で様々な使い方が実装可能だ。この詳細ついては、また別の機会にご紹介したい。

 

スポンサーリンク
 

Joy-Con左手デバイスのメリット

ここからは、Joy-Con左手デバイスのメリット・デメリットについて解説していく。あくまで個人的な見解ではあるが、自分が1年以上使ってみての感想なので、ご参考としていただきたい。

 

メチャクチャ使いやすい!

Joy-Con左手デバイスは、とにかく使い勝手が良い片手で操作することを前提としたコントローラーなので、ボタン配置に無理がないし、軽くて持ちやすい。

 

ワイヤレスで手を自由に動かせるのも高評価ポイント。市販の有線コントローラーだと、コードが邪魔で作業しづらいが、Joy-Conはワイヤレスなので問題ない。おかげでストレスを感じることなく、作業に没頭することができる。

 

さらに、Joy-Con内蔵バッテリーの持続時間は約20時間ほどあるので、長時間の使用にも余裕で耐えられる。二徹して漫画原稿を描くとか、そんな無茶をしない限りは問題なく使えるだろう。

 

自分は徹夜で同人原稿を描き上げたことがあったが、その時も電池切れを起こすことなく、最後まで使うことができた。…みんなは徹夜しちゃダメよ?

 

右手でも使える!

記事冒頭でも説明したとおり、Joy-Con (R) をパソコンと同期させれば、右手用デバイスとしても使用できる市販の作業効率化デバイスは、右利き用に設計されているものが多い。左利きの人も使えるのは、他の製品には無い"強み"と言えるだろう。

 

Joy-Con (R) と (L) とでは、スティックの位置が異なるなどの微妙な違いがあるものの、ボタンの総数は同じだし、手の内にフィットする快適な使用感にも変わりはない。右利きのユーザーでも、安心して使うことができるのだ。

 

スポンサーリンク
 

比較的安い!

市販の作業効率化デバイスは高価なモノが多い。多機能の製品だと1万円くらい余裕でかかってしまう。プロの専業イラストレーターならまだしも、我々のような趣味の範疇でイラストを描く人間にとっては、少々手が届きづらい。

 

だが、Joy-Conは (L) / (R) どっちか片方だけであれば、4000円弱で購入できる。これは数ある作業効率化デバイスの中でも、かなり安い方だろう。

 

既にNintendo Switchを持っている人は、付属のJoy-Conをそのまま使えばイイので、追加の費用はかからない。コスト面でも優秀である。

 

ゲームにも使える!

本来の用途なので当然ではあるが、ゲームのコントローラーとしても利用できる。市販の作業支援デバイスは使い道がメチャクチャ限定されるが、ゲームでも使用できるのは、Joy-Conならではの特性と言える。…だから何だって感じだが。

 

スポンサーリンク
 

Joy-Con左手デバイスのデメリット

Joy-Con左手デバイスには、デメリットも少なからず存在する。自分が気づいたモノを以下に列挙してみる。

 

 スティックが壊れやすい

Joy-Conは機能性・デザイン性を重視しているためか、過去の任天堂ハードのコントローラーと比べると、故障による不具合が起きやすい

 

特に壊れやすいのがアナログスティックで、一定方向に強い負荷をかけ過ぎたり、スティックの付け根の部分にホコリが入り込んだりすると、入力操作がうまく機能しなくなる。これは無視できないデメリットだろう。

 

この対策としては、普段から丁寧に扱うよう心掛けるしかない。スティックやボタンに強い負荷をかけないよう、ソフトなタッチで使うよう注意しよう。隙間に溜まったホコリなども、定期的に掃除しよう。

 

www.wata-ridley.com

 

なお、Joy-Conが故障したときのチェック事項・修理方法などについては、上の記事で紹介している。自分が実際に試した、Joy-Conの修理手順などをザックリまとめているので、参考にしてほしい。

 

スポンサーリンク
 

面倒くさい充電仕様

Joy-Conは充電式の無線コントローラーで、内蔵バッテリーを充電することで繰り返し使うことができるのだが…かなり特殊な充電仕様となっている。詳細は下記の任天堂公式ページを参照してほしい。

 

www.nintendo.co.jp

 

上記リンクによると、任天堂公認のJoy-Con充電のしかたは、以下の3つの方法がある。

 

Joy-Conの充電方法
  • 充電中のNintendo Switch本体に取り付ける
  • Joy-Con充電グリップ (別売) に取り付ける
  • Joy-Con拡張バッテリー (別売) に取り付ける

 

Switchユーザーならご存じかとは思うが、Joy-Conには充電用の接続ポートなどが付いておらず、一般的なマイクロUSBケーブルなどでは充電できない。専用機器にJoy-Conを取り付けて、そこから電力供給を受ける以外に方法が無いのだ。

 

通常であれば、Switch本体にJoy-Conをカチッと差し込んで充電する。だが、Joy-Conを単品で購入した人は、別売りの充電用デバイスを用意する必要があるここが市販の作業支援デバイスと違って面倒くさい。

 

手っ取り速いのは、別売の「Joy-Con拡張バッテリー」を使う方法だろう。乾電池式の拡張バッテリーを取り付けることで、充電しながらJoy-Conを使えるようになる。

 

 

電池交換式がイヤな場合は、サードパーティ製の充電機器を使うという方法がある

 

自分が愛用しているのは、GameHunter製の「Joy-Con充電スタンド」だ。円筒型スタンドにJoy-Conを挿し込み、最大4台までの急速充電が行える。

 

f:id:Wata_Ridley:20201013141404p:plain

自分が愛用しているJoy-Conスタンド

 

USBケーブルで給電するタイプの充電器で、Switch本体が無くても、USB対応の端末・アダプタさえあれば使用可能だ。値段も比較的安く、コンパクトで場所を取らない。私的オススメ商品である。デザインがオシャレだし。

 

 

海外製っぽいのは不安…という人には、ホリ製の「Joy-Con充電スタンド」がオススメ。安心の日本製で、任天堂のライセンス商品。コチラもUSBケーブルで給電する方式だ。

 

 

長くなってしまったが、とにかくJoy-Conの単品購入を検討している人は、充電機器も用意しなくてはならない点に十分に注意してほしい。場合によっては、Switch本体ごと買った方が良いかもしれない。

 

スポンサーリンク
 

再接続に失敗する場合がある

Joy-Con左手デバイスは、作業を再開しようとした時に、再接続に手間取ってしまうケースがある

 

基本的には、この記事内で紹介した設定手順をやり直すことで、元通りに接続できる。だが例外的に、クイックペアリング機能などが原因で、スムーズに再接続できないケースもあるのだ。

 

www.wata-ridley.com

 

こうした事態に陥った場合の対処策については、上の記事で紹介しているので、あわせてご確認いただければと思う。説明が下手くそでゴメン…。

 

スポンサーリンク
 

iPad / iPhoneでは使えない!

Joy-Conは様々なBluetooth対応機器に接続可能だが…プロファイルの仕様上、iOS端末 (iPad/iPhone) にはワイヤレス接続できない。つまり、iPad/iPhoneでお絵描きしている人は、Joy-Con左手デバイスが使えないのだ。

 

そのため、iPadユーザーが左手デバイスを使いたい場合、他の機器を探す必要がある。そこでオススメなのが「8BitDo Zero 2」というコントローラーだ以下の記事を確認して欲しい。

 

www.wata-ridley.com

 

Joy-Conと同じ無線タイプのゲーム用コントローラーで、左手デバイスとしても活用できるのが特徴だ。お値段も安くコスパが良いので、候補の1つとして検討してみて欲しい。

 

スポンサーリンク
 

最後に

以上、Joy-Con左手デバイスの特集記事でした。色々とデメリットもあるJoy-Conデバイスだが、自分は結構気に入ってるので、今後もガンガン使っていく予定である。利用にあたって気づいたことなどがあれば、随時この記事に加筆していきたい。

 

また、この記事を読んで「ココはこうした方がイイ!」!という改善案があれば、是非教えて欲しいデス。自分も決してパソコンに詳しいワケではないので、そういった耳よりな情報があれば助かります…。