わたブログ - WataRidley's Blog -

コミュ障の鳥類が贈る雑記ブログ。

デジタル絵描き必見!Joy-Conを左手デバイスに設定する方法

スポンサーリンク

f:id:Wata_Ridley:20200505115156p:plain

 

デジタルイラストを素早く描き上げるためには「ショートカットキー」を使いこなすことが重要だ。ツール選択などの煩雑な操作を簡略化、作業効率を大幅にアップできる。

 

ショートカットキーの利用にあたっては、どのデバイスを使うのかも大事なポイント。キーボードを使うのが基本だが、他の入力装置・コントローラーなどにキーを割り当てる「左手デバイス」を利用すると尚良い

 

だが、市販の作業支援デバイスは高価なモノが多いし、ゲーム用コントローラーだと片手で扱いづらい。もっと他に良いアイディアは無いだろうか…?

 

 

そこで、今回は「Joy-Con (ジョイコン)」を左手デバイスとして活用する方法をご紹介したい。Nintendo Switch専用コントローラー「Joy-Con」にキーを割り当てることで、直感的なショートカット操作が可能になる。

 

自分も長年愛用しているが、とても快適で使いやすい。デジタル絵描きの皆さんには、是非とも参考にしていただきたい

 

はじめに

まず最初に断っておくと…"Joy-Con左手デバイス" の発案者は自分ではない。Twitterで流れてきた以下のツイートを見て、初めてこの画期的な方法を知ったのだった。

 

 

このライフハック (?) を知った自分は衝撃を受けた。まさかJoy-Conをイラスト制作に活用できるとは、夢にも思わなかったからだ。まさに目から鱗。

 

前からこういう補助デバイスが欲しかったのだが…手持ちのJoy-Conを使った方が断然安上がりだし便利じゃん!!と気づかされたのである。ちょうど Switchを買った直後だったし。

 

テンションが上がった自分は、早速Joy-Conの左手デバイス化に着手したのだが…ここで1つ問題が。設定作業にメチャクチャ時間を取られてしまったのだ。

 

…というのも、当時はネット検索しても「Joy-Con左手デバイスが便利!!」という話ばかり出てきて、肝心の設定方法についてはロクな情報が無かったのだ。パソコンに慣れていないと要領が分からない。

 

SNS投稿 (当時) には「設定はテキトーでOK!」とあったのだが、不慣れな自分は全然うまくできず。試行錯誤を繰り返し、何とかそれっぽく設定できたのだが…この設定作業だけで丸1日潰れた。最初から分かりやすい手順を知っていれば…!と今でも思う。

 

そのため当記事では、自分が実際にやって詰まったポイントも踏まえて、なるべく簡潔に設定手順を紹介したい。個人差はあるが、20~30分もあれば設定可能である。

 

また、Joy-Con左手デバイスを使い続ける上でのメリット・デメリットについても、別記事で紹介している。あわせて参考にして欲しい。

 

www.wata-ridley.com

 

スポンサーリンク
 

Joy-Con左手デバイスの設定手順

設定の大まかな流れ

手始めに、設定手順の大まかな流れを説明しよう。以下の2ステップで設定する。

 

設定手順

 

  1. 「Joy-Con」と「パソコン」をワイヤレス接続 (Bluetooth)
  2. 無料ソフトウェア「JoyToKey」をパソコンにインストール・設定

 

まず「Joy-Con」と「パソコン」をワイヤレス接続する。だがコレだけでは、Joy-Conの操作がパソコン側で認識されない。「JoyToKey」などのソフトウェアで、ボタン入力を変換する必要がある

 

文章だけだと分かりづらいので「最終的にこうなる!」というイメージ図を書いてみた。雑な図解で申し訳ない。

 f:id:Wata_Ridley:20191227064837p:plain 

イメージ図 (自作)

上の例では、JoyToKeyを使って「Joy-ConのLボタン = Ctrl+Y 」と設定している。

 

この状態でLボタンを押すと、JoyToKeyの翻訳(?) を介して、パソコン側で「Ctrl+Yが押された!」と認識されるのだ。仕組みは至ってシンプル。

 

…という感じで、設定手順に必要なのは、以下の3つのデバイス&ソフトウェア。準備方法などは後述する。とりあえず読み進めてほしい。

 

用意するモノ

 

  • Joy-Con
  • Bluetooth対応のパソコン (Windows)
  • JoyToKey (フリーウェア)

 

なお、自分が所持しているパソコンの都合上、 Windows10環境での設定方法を紹介していく。他のWindowsバージョン・OSを使ってる人には、今回の手順は役に立たない!と思って欲しい。

 

※ちなみに、macOSを使用している人は「JoyKeyMapper」を使うとイイ。本手順で紹介している「JoyToKey」の代替ソフトとして利用できる。詳細は以下の記事をご確認いただきたい。

 

applech2.com

  

そしてもう1つ。残念なことに…iPad / iPhoneでは、Joy-Con左手デバイスは使えない通信規格が違うため、Bluetooth接続ができないのだ。

 

だが安心して欲しい。iPadユーザーの場合、他にも代替ツールが色々ある。私的オススメは「8BitDo Zero 2」という格安コントローラーだ。詳細は以下の記事を読んで欲しい。

 

www.wata-ridley.com

 

スポンサーリンク
 

Joy-Conの用意

Joy-Conを用意しよう。コレが無いと何も始まらない。

 

Nintendo Switchをお持ちの皆さんは、手持ちのJoy-Conをそのまま使えばOK。持っていない人は別途購入しよう。

 

基本的にJoy-Conは、両手用の (L) / (R) セットで販売されているが…片手用のJoy-Con (L) だけ単品購入することも可能。ゲームは遊ばないけど、Joy-Conだけ欲しい!という人にオススメ。4000円くらいで購入できる。

 

 

この記事では一貫して「左手デバイス」として紹介しているが、同じ手順でJoy-Con (R) を設定すれば、右手デバイスとしても使える。左利きの人でも安心。コチラも単品でバラ売りされている。

 

 

なお、Switch本体を持ってない場合は、充電器 (別売り) も別途 必要になる。Joy-Conを単品で買おうとしている人は要注意。この充電仕様については、別記事で解説しているので確認してほしい。

 

スポンサーリンク
 

Bluetooth対応パソコン (Windows) の用意

Joy-Conをワイヤレス接続する前に、自分のパソコンがBluetoothに対応してるかどうか確認しよう。Windows8.1以降であれば対応しているハズ。

 

確認方法としては…「デバイスマネージャー」を開いて、Bluetoothアイコンの有無をチェックするのが早い。手順は以下のサイトが詳しい。

 

qa.elecom.co.jp

 

なお、パソコンの Windows OSバージョンが分からない!という方は、以下の手順を試してほしい。

 

①「ファイル名を指定して実行」画面を開く

 

Windowsキー と Rキーを同時押しして「ファイル名を指定して実行」を開く。

 

※ タスクバー左下の「スタート」で右クリック ⇒ 「ファイル名を指定して実行 (R)」でも可。

 

 

②「winver」を入力・実行

f:id:Wata_Ridley:20191219083122p:plain

 

検索窓に「winver」と入力して実行。

 

 

③「Windows のバージョン情報」で確認

f:id:Wata_Ridley:20191219082846p:plain

 

赤色で囲った部分が、Windowsバージョンになる。デカデカと表示されるので、すぐに分かる。上の例ではWindows10となる。

 

 

自分のパソコンがBluetoothに対応していない場合は、市販の「Bluetoothアダプタ」を利用するとイイ。ドライバをインストール後、アダプタをUSBポートに挿し込むだけで、Bluetooth環境が実現できる。下記のエレコム製品などがオススメ。

 

 

Bluetoothアダプタの平均価格は1000円前後。最初からBluetooth対応のPCを用意した方がラクな気もする。お財布と相談しながら、最適な環境を準備しよう。

 

スポンサーリンク
 

JoyToKeyのダウンロード

前述のとおり、Joy-Conをパソコンに接続するだけでは、左手デバイスとして利用できない。ショートカットキー設定を割り当てる、専用ソフトウェアが別途必要になる。

 

そこでオススメしたいのが「JoyToKey」だ。

 

無料でDL可能なシェアウェアで、ライセンスを購入しなくても、全機能をフルで利用できる。公式サイトからダウンロード可能だ。

 

joytokey.net

 

※ライセンスを買うと、ポップアップが消えて使いやすくなる。お金に余裕がある人は「JoyToKey」制作者にお布施してあげよう。

 

サイト内の説明がヒジョーに丁寧なので、特に困る場面はないと思うが…念のためダウンロード手順を画像付きで説明しておく。

 

 ①ダウンロードページに移動

f:id:Wata_Ridley:20191219075023p:plain

「ダウンロード」をクリック

 

ページ上部にある「ダウンロード」をクリック。上の図で赤色で囲ったリンクだ。

 

 

②好きな形式でファイルをダウンロード

f:id:Wata_Ridley:20191219080523p:plain

好みの形式でダウンロード

 

ファイルはインストーラー形式・ZIP形式の2つから選択できる。パソコンに詳しくない方には「インストーラー形式」がオススメ。軽量で扱いやすいZIP形式が個人的にはイイと思うが。お好みで。

 

リンクが色々あるが、特に理由がなければ赤色で囲ったリンクを選べば問題ない。JoyToKey公式サイトから直接、ファイルをダウンロードすることができる。

 

 

③「JoyToKey」のセットアップ

 

ダウンロードしたファイルから、「JoyToKey」をセットアップしよう。

 

「インストーラー形式」の場合は、表示される手順に沿って進めていけば、JoyToKeyを簡単にインストールできる。デスクトップに作成されるアイコンを開けば、ソフトウェアが起動する。

 

「ZIP形式」の場合は、ダウンロードした「JoyToKey.zip」ファイルを、任意の場所で展開しよう。解凍したフォルダにある「JoyToKey.exe」を選ぶと、ソフトウェアが起動する。

 

 

スポンサーリンク
 

Joy-Conをパソコンに接続!

JoyToKeyの導入が終わったら、パソコンとJoy-ConをBluetooth接続しよう。Windows10環境での設定手順を紹介する。

 

①Windowsの設定画面を開く

f:id:Wata_Ridley:20200102180212p:plain

「設定」を開く(歯車のマーク)

 

スタートメニューを開いて「設定」(歯車のマーク) を選択する。

 

 

②設定画面で「デバイス」を選択

f:id:Wata_Ridley:20191216213907p:plain

「デバイス」を選択

 

Windowsの設定画面が開くので、「デバイス」を選択する。

 

 

③「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」

f:id:Wata_Ridley:20191216213942p:plain

「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」を選択

 

「Bluetoothとその他のデバイス」の項目内の「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」を選択しよう。

 

※ 直下にある「Bluetooth」ボタンが「オン」になっていることを確認しておこう。「オフ」だとJoy-Conが接続できない。

 

 

④「デバイスを追加する」で「Bluetooth」を選択

f:id:Wata_Ridley:20191216214601p:plain

「Bluetooth」をクリック

 

こんな感じのウィンドウが出てきたら「Bluetooth」をクリック。すると、パソコンがBluetooth対応デバイスを検知するモードになる

 

 

⑤Joy-Conのシンクロボタンを押す

f:id:Wata_Ridley:20191216214852p:plain

Joy-Con側面のボタンを長押し

 

ここでJoy-Conを用意。側面にあるシンクロボタンを3秒くらい長押しする。SLボタンとSRボタンの間にある、小さな丸いボタンだ。

 

f:id:Wata_Ridley:20191216214917p:plain

緑色のランプが明滅する

 

Switch愛用者ならご存じかと思うが、シンクロボタンを押し続けるとプレイヤーランプが緑色に点滅して、無線接続の待機モードになる。ランプの点滅が始まったら、手を離しても大丈夫。

 

 

⑥デバイス一覧から「Joy-Con」を選択

f:id:Wata_Ridley:20191216214945p:plain

デバイス一覧の「Joy-Con」をクリック

 

デバイス一覧に「Joy-Con」が表示されるハズなので、それをクリック。接続待ち状態になるので、しばし待たれよ。

 

f:id:Wata_Ridley:20191216215000p:plain

「完了」を押して元の画面へ

 

Bluetooth接続に成功すると、こんな感じの画面になる。ウィンドウ右下の「完了」を押して、元の設定画面に戻ろう。

 

 

⑦Joy-Conが追加されたか確認

f:id:Wata_Ridley:20191216215022p:plain

「Joy-Con:接続済み」となればOK

 

「Bluetooth とその他のデバイス」画面に、Joy-Conが追加されていることを確認する。「接続済み」という表示が出ていればOKだ。

 

※Joy-Conが表示されない場合は、手順①からやり直したり、Bluetoothがオフになってないか確認してみよう。

 

 

スポンサーリンク
 

ショートカットキーの割り当て

ワイヤレス接続したJoy-Conの各ボタンに、「JoyToKey」でショートカットキーを割り当てていく。作業完了までもう少し。気合入れて頑張りましょ。

 

ソフトウェアを起動すると、こんな感じの基本画面が開く。

 

f:id:Wata_Ridley:20191221200542p:plain

JoyToKeyの基本画面

 

ここで、先ほどワイヤレス接続した Joy-Con のボタンを適当にガチャガチャ押してみよう。正常に接続されていれば、押したボタンに対応するキーが反応して、黄色の帯が表示されるハズだ。

 

f:id:Wata_Ridley:20191221200423p:plain

無線接続したJoy-Conと連動する

 

接続が確認できたら、自分の設定ファイルを作成しよう。以下のスクショ画像を見てほしい。

 

f:id:Wata_Ridley:20191221202235p:plain

設定ファイルの作成 (名前はテキトーでOK)

 

基本画面の左下にある「新規作成」を押して、設定ファイルの名前をつける。名前の入力が終わったら「OK」を押そう。ファイル名はテキトーで問題ない。今回は「SAI」という名前にしてみた。

 

f:id:Wata_Ridley:20191222183504p:plain

設定ファイルが作成される

 

上のスクショ画像をご覧いただきたい。基本画面の左側に、自分の作った「SAI」という名前のファイルが作成されているのが分かる。この設定ファイルに、自分好みのキー設定をバシバシ保存していくことになる。

 

設定ファイルを作ったら、ショートカットキーを割り振っていく。今回は例として、 Joy-ConのZLボタンに「Ctrl + Z」を割り当ててみようと思う。デジタル絵描きが最もお世話になる「1つ前に戻る」ショートカットだ。

 

前述のとおり、接続済みのJoy-Conのボタンを適当に押すと、JoyToKeyが反応して、対応キーが黄色で表示される。試しにZLボタンを押してみると、どうやらJoyToKey側では「Button 16」が対応キーらしいことが分かる。

 

f:id:Wata_Ridley:20191222185118p:plain

「このボタン設定を編集」をクリック

 

この「Button 16」の箇所を左クリックで選択した後、下にある「このボタン設定を編集」を押してみよう。「Button 16の設定画面」が出てくるハズだ。

 

※最初の状態では「KeyBoard」タブが開かれていて、入力欄に「Disabled」と表示されているハズ。これは「キー設定が無い」という意味で、このときJoy-Conのボタンを押しても、パソコン側では何も反応しない。

 

f:id:Wata_Ridley:20191222191830p:plain

一番上の入力欄にキーを設定

 

ここで、4つある入力欄のうち、最上部の欄 (上の画像で赤色で囲った部分) を左クリックして、キーボードの「Ctrl キー」を叩いてみよう。

 

すると下の画像のように、入力欄に「Ctrl」と表示される。このまま設定を保存すれば、パソコン側で「Joy-ConのZLボタン = キーボードのCtrlキー」と認識される。

 

f:id:Wata_Ridley:20191222190847p:plain

「Ctrl」が設定できた

 

だが、今回はキーボードの「Ctrl」と「Z」を2つ同時押しする「Ctrl + Z」を設定したいので、Ctrlキーを割り当てただけではダメだ。もう一方のZキーも設定する必要がある

 

そこで、下の画像のように2番目の入力欄 (赤色で囲った箇所) を選択して、キーボードの「Zキー」を叩いてみよう。

 

f:id:Wata_Ridley:20191222193129p:plain

2番目の入力欄にキーを設定

 

そうすると、上から順に「Ctrl」「Z」と入力欄に表示される。コレで設定完了だ。ついでに「Comment」欄にテキトーな説明文を書いて、画面右下の「OK」を押して設定を保存しよう。

 

f:id:Wata_Ridley:20191223190645p:plain

画面右下の「OK」を押して設定内容を保存

 

元の基本画面に戻ると「Button 16」の箇所に、キー設定が反映されている

 

コレでJoy-ConのZLボタンを押すと、パソコン側では「Ctrl + Z」として認識されるようになった。設定完了!

 

f:id:Wata_Ridley:20191223190716p:plain

「Button 16」に「Ctrl+Z」が設定できた

 

…下手クソな説明で申し訳ない。要するにこういうイメージ。あんまり難しく考えなくても大丈夫。

 

POINT

 

  • キーを1つだけ割り振るときは、該当ボタンにキーを1つだけ設定する。
  • 同時押し (Ctrl+Zなど) を割り振るときは、該当ボタンに複数のキーを設定する。

 

あとは同じ要領で、Joy-Conの各ボタンにキー設定をドンドン割り当てていくだけ。色々と試しながら、自分に合ったチューニングを目指してほしい。

 

なお、キー設定を割り当てるときは、ペイントツール側のショートカット設定も把握しておく必要がある

 

この詳細については、以下の別記事を参照。自分がよく使う「SAI2」「CLIP STUDIO」のショートカット設定・変更方法を雑にまとめている。他のソフト使ってる人はググって…

 

www.wata-ridley.com

 

参考までに、自分のJoyToKey設定を併記しておく。自分はCLIP STUDIOをよく使うので、それに合わせた調整を施している。※あまり使いこなせていない

 

f:id:Wata_Ridley:20200102140659p:plain

自分のJoyToKey設定 (使いこなせていない)

 

設定画面だと分かりにくいので、簡単な図解も用意した。Joy-Conの上半分にはキャンバスの回転などのよく使う操作、下半分にはツール選択などを割り振っている。

 

f:id:Wata_Ridley:20200102161237p:plain

設定内容の図解

 

JoytoKeyには他にも様々な機能があり、ユーザーの工夫次第で様々な使い方が実装可能だ。この辺についても、また別の機会にご紹介したい。

 

スポンサーリンク
 

最後に

以上、Joy-Con左手デバイスの特集記事でした。冒頭でも紹介したが、以下のメリット・デメリットまとめ記事も参考にして欲しい

 

www.wata-ridley.com

 

多少デメリットもある Joy-Con左手デバイスだが、自分は結構気に入ってるので、今後もガンガン使っていく予定である。他に気づいたことなど出てきたら、随時この記事に加筆していきたい。

 

また、この記事を読んで「ココはこうした方がイイ!」という改善案があれば、是非教えて欲しい。自分も決してパソコンに詳しいワケではないので、そういった耳よりな情報があれば助かります…。